911米同時多発テロから15年…今こそ知りたい「テロから身を守る」方法

2

読了目安[ 3 分 ]

海外からの観光客が年々増え、4年後には東京オリンピック開催を控えているとあって、日本に対する世界の注目が高まるばかりです。しかし、それと同時に無視できないのが、日本でのテロ発生の危険性も増加しているということです。

ニューヨークの世界貿易センタービルに航空機が突入した、あの衝撃的なテロ事件から15年を迎えた今。もしも日本でテロが起きた場合、私たちがどう対応していけばよいか、改めて学んでおきましょう。

爆発が起こった場合

まずは姿勢を低くして、身の安全を守ることが第一。頑丈なテーブルなどがあればその下に隠れて落下物などから守りましょう。火災が発生した場合は、火の勢いが強くならないように、ドアや窓を閉め、ガス・水道・換気扇を止めます。

口と鼻をハンカチなどで覆い、万が一がれきに閉じ込められたら配管などを叩いて、自分がいることを周囲に知らせましょう。

化学剤が使われた場合

地下鉄サリン事件のような化学剤が使われる事件が起こった場合、口と鼻をハンカチで覆い、すぐにその場を離れましょう。サリンなどの神経剤は空気より重く、床をはうように風下方向に広がっていきますから、なるべく上の方の階へ逃げましょう。

生物剤が使われた場合

生物剤は、人を殺傷することなどを目的とした細菌、ウィルス等が作り出す毒素のこと。口と鼻をハンカチで覆い、その場からすぐに離れましょう。もしも身近に感染の疑いのある人がいれば、その人が使ったものには触れず、石鹸で頻繁に手や顔、体を洗いましょう。

緊急時は警報、サイレンに注意しよう

テロや武力攻撃などが発生した場合、その地域にはサイレンで注意が呼びかけられます。テレビやラジオ等で情報を収集し、もしも避難指示が出された場合は自宅のガス元栓をしめ、コンセントを抜いて避難先へ向かいましょう。

『内閣官房 国民保護ポータルサイト(https://www.kokuminhogo.go.jp/)』にて、国民保護法の説明を読んだり警報サイレンのサンプルを聞いたりできます。

尚、ここで紹介したテロ対策法は、東京都防災ホームページで紹介されている『テロや武力攻撃から身を守るために』の情報をもとに作成しています。

<万が一に身を守る!防災関連記事>
入浴中に大地震が起きたら…?シーン別防災対処法まとめ 【自宅編】
地下街で大地震が起きたら…?シーン別防災対処法まとめ【外出編】
震災でも生き残る!緊急事態に使えるサバイバル術4選

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。