銀行印の役割とは?確認方法と保管方法は?書体・サイズなど作り方

読了目安[ 5 分 ]

みなさんは、普段銀行とのやり取りに使う「銀行印」をどのように保管しているでしょうか。

銀行印は、金融機関に預けた大切な資産を守るための重要なハンコです。そのため、大切に扱い、大切に保管をしておかなければいけません。

では、銀行印はどのように扱い、どのように保管しておかなければいけないのでしょうか。また、そもそも銀行印とは何のために必要で、銀行印としての定義があるものなのでしょうか。

今回は、大切な認識はあるのにわからないことが多い銀行印について、お話していきたいと思います。

銀行印の役割とは

銀行や信用金庫などの金融機関で新しく口座を開設する際に、金融機関から届出印の用意を依頼されます。金融機関に対して、登録されるハンコのことを「銀行印」と言います。

参考|実印・認印・シャチハタ・銀行印の違いは?ハンコの種類と使い方

銀行印は、新規口座開設時の届出印として登録されると、その後の以下の金融機関との重要な役割には何度も登場することになります。

・新規口座を開設する
・窓口でお金を引き出す
・口座振替の依頼をする
・金融商品に加入する
・クレジットカードを申し込む
・ネットバンクを申し込む
など

実印との違いは

銀行印=実印と思っている人もいますが、基本的には銀行印と実印は明確に区別するハンコの種類ではありません。

ハンコは、一般的なハンコである「認印」と市区町村役所に届け出て自分だけの印鑑として登録された「実印」があり、この認印と実印のどちらかを使って、新規口座開設に使ったハンコが銀行印になります。

つまり、人によって銀行印が実印の場合もあれば、銀行印が認印の場合もあるということです。

銀行印の注意点

注意点1.銀行印は実印を使わない方が良い

銀行印は大切なハンコなので、実印を使っている人もいますが、銀行印には実印を使わない方が良いでしょう。

実印の用途は、公正証書や公的な書類、不動産売買、金銭消費貸借など双方が重要だと認識する契約書のみに必要なハンコです。

もし実印を紛失してしまった場合、銀行印として認められているハンコを変える手続きだけでなく、実印の再登録やその他の契約書類の再契約などの影響が考えられます。

リスク管理のためにも、銀行印と実印は別々のものにしましょう。

注意点2.複数の銀行口座は別々の銀行印にする

銀行印はすべて同じハンコを使った方が管理が楽になりますし、認識がしやすいですね。ただし、その銀行印を紛失した、盗難にあったなどの場合、影響は全ての銀行口座に及びます。

銀行口座を何十も作る人はあまりいませんが、管理のために3つ、4つなど作る場合は、金融機関ごとに違うハンコを使った方がリスクヘッジになります。ただし、管理の際は「○○の銀行印」などとは書かないようにしましょう。

注意点3.ハンコの書体や大きさの決まり

前述した通り、銀行印は実印と違って複数個を管理する可能性があります。そのため、実印のように水晶や象牙など特別に高価である必要はありません。

ただし、どこでも手に入る印影のハンコを使うと偽造されてしまう恐れがあります。街のハンコ屋に行けば、安いもので3000-4000円くらいからオリジナルのハンコを掘ってもらえるため、最低限それくらいのお金をかけた方が良いでしょう。

また、銀行印には特に決まりはないのですが、昔から大きさや書体の目安があります。大きさは直径12-15mmで、男性は13.5mm-15.0mm、女性は12.0mm-13.5mmを使うことが多いようです。

また書体は吉相体(きっそうたい)、篆書体(てんしょたい)、古印体(こいんたい)を使うことが一般的です。ただし、吉相体、篆書体は読みにくいので、天地を間違えないようにしましょう。

注意点4.銀行印で彫る文字は名字で良い

実印を作る場合は、他のハンコとの違いを明確にするために苗字と名前を入れて作りますが、銀行印(認印)の場合は名字だけで良いでしょう。

注意点5.銀行印がわからなくなったら問い合わせ

家族間で複数の銀行印を使っていたり、銀行印の管理が疎かになるとどの銀行にどの銀行印を使っていたかわからなくなる場合があります。

その場合は、金融機関に問い合わせて確認をとりましょう。銀行印の可能性があるハンコを全て窓口に持ち込めば、どのハンコが銀行印なのか印面の確認をしてもらえます。

手持ちのハンコで銀行印の確認が取れない場合は、銀行印の改印届をだして、再登録をしてください。

銀行印を絶対保管してはいけない場所は?

銀行印は、お金を管理する銀行と取引するための大切なハンコです。そのため、扱い方だけではなく、保管場所にも気を付けなければいけません。

前述した通り、銀行印と通帳が揃うと窓口からお金を引き出すことができるため、必ず別々に管理してください。

ただし、貴重品の隠し場所は多は、タンス、机の引き出し、仏壇、押入れ、鏡台、ベッド、冷蔵庫の中などということは統計で分かっており、もちろん窃盗を目的とする泥棒もそれを認識しています。

参考|災害や窃盗に備えた通帳・キャッシュカード・印鑑の保管場所は?

そのため、可能であれば家庭用の防盗金庫か金融機関の貸金庫に入れるなどして、厳重に管理をすることが望ましいですね。普段はそれほど銀行印を使うことはないので、他にも貴重品があれば貸金庫を使うことがベストだと思います。

「あまり使わないハンコなのに……銀行印って何だか面倒……。」と思う人もいるでしょう。

実は、銀行印に対する考え方は少しずつ変わってきており、もしかしたら将来は銀行印自体が必要ない時代が来るかもしれません。

りそな銀は昨年11月開設した東京・豊洲の店舗で印鑑届け出不要の口座開設手続きを始めた。2019年3月末までにりそな銀と埼玉りそな銀の全400拠点に広げる。近畿大阪の全119拠点でも数年かけて展開する。

顧客はICキャッシュカード発行時に専用端末で指の静脈の情報を生体認証として登録。その後はカードと生体認証だけで振り込みや投資信託の購入などをできる。

引用|印鑑なしで口座、りそな全店で 東社長が表明  :日本経済新聞

上記はりそな銀行のみの話なので、5年後、10年後に銀行印が全てなくなっているということはありません。そのため、銀行印の存在を面倒に思う気持ちはわかりますが、大切なものとして大事に扱ってください。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。