119以外で呼べる救急車があった⁉ 「有料の救急車」の存在とは

1

読了目安[ 3 分 ]

日本では救急車を呼んだ場合、そのことに料金が発生することはありません。しかし救急搬送者には軽症の人が多く、有料化するべきか議論がされています。

そんな中、有料の民間救急があることをご存知の方は少ないかもしれません。

民間救急とは?

緊急性がない場合に搬送を行う民間の搬送事業者があり、『東京民間救急コールセンター』『アズマ民間救急サービス』『アイラス』などさまざまなサービスがあります。

事業者によって内容は違う場合もあるでしょうが、搬送には一定の装備や機器を備えた車両が使われたり、応急手当等ができる乗務員が乗ったりするのが一般的。

だから「救急車を呼ぶほどではないけれど、医師に診察してほしい」「病院に行くまでの移動手段がない」などといった場合に利用するのに最適なのです。

119番救急との違いは?

119番で連絡する救急と民間救急の最も大きな違いは、医療行為を行うか行わないか。民間救急については応急手当のみで、医療法等にふれる医療行為はできません。また赤信号を停止しないなどの救急走行は、民間救急ではできません。

そのため、緊急性を要する場合には119番、そうではないときに民間救急というように、使い分けすることが大切です。

料金は?

さて民間救急の気になる料金ですが、119番救急車ではないので、有料が基本です。一般的なタクシーと同じシステムで、走行距離に応じて運賃が設定されており、それに介護料金や深夜割増、有料道路料金などが必要に応じて加算されることが多いようです。

タクシーを自宅に呼んで病院まで向かっても良いかもしれませんが、移動中の病状に不安がある場合などは、プラスアルファの料金を加算しても民間救急を利用すると安心できますね。

民間救急を呼ぶ番号は?

民間救急サービスを利用したいときは、それぞれの事業者が設定したフリーダイヤルなどを利用しましょう。間違っても119番をかけてしまわないように、ご注意ください。

これまで民間救急の存在を知らなかった方は、万が一のときの選択肢が増えるため、自分の住む地域がカバーされている民間救急の事業者を覚えておいて損はないでしょう。また民間救急を利用する人が増えれば、本当に一刻を争うリスクがある方の119番救急による救助が、もっとスムーズにできるようになるかもしれませんね。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。