仕事で発信力を高めるには?人間関係を構築する情報の正しい伝え方

読了目安[ 4 分 ]

社会人として誰からも必要とされる人になるためには、どのような能力を身につければ良いでしょうか。

経済産業省が提唱している「社会人基礎力」は、「前に踏み出す力(アクション)」「考え抜く力(シンキング)」「チームで働く力(チームワーク)」の3つの能力と、それらの能力を構成する12の要素があります。

参考|社会人基礎力(METI/経済産業省)

この「社会人基礎力」を身につけるために、能力を構成する12の要素をクイズ形式で診断してみましょう。

今回のテーマは、「チームで働く力」の構成要素である発信力です。まずは、あなたの発信力を事例クイズでチェックしてみましょう。

発信力の事例クイズ

新人のあなたは、いつもお世話になっている取引先の社長から、「あなたのような若い人の視点で、うちの店舗の良くないところを教えてくれないか?」といわれました。

「え、私がですか?」と言ったものの、実は気になる点も思い浮かびます。そんなとき、あなたはどのように伝えるべきでしょうか。

  1. 意見を聞かれているので、で気になっていたことを素直に伝える
  2. 社長の気分を害してはいけないと考えて、「良くないところはありません。」言い、相手を安心させる
  3. 「自分が顧客であれば、×××が気になると思います。」と一般論にして伝える

発信力とは

発信力とは、自分の意見を分かりやすく相手に伝える力のことです。

話をするときに重要なことは、話を聞く相手に理解してもらうことです。そのため、自分にとってわかりやすい伝え方をするだけでなく、相手の立場や心情を考慮して、相手が受け入れやすい話し方をしなければいけません。

仕事の現場では、上司や先輩の指示どおりに行動するだけでなく、自分の意見を持ち、それを仕事に反映させるために相手に理解してもらえる伝え方が重要です。

発信力があれば、自分から相手と良い関係が作れ、仕事を円滑に進行できるだけでなく、あなた自身の個性を相手に理解してもらえます。また、相手があなたを情報の発信者だと認識することで、より信頼を得られるようになるでしょう。

発信力の診断結果

1.意見を聞かれているので、で気になっていたことを素直に伝える:発信力50点
2.社長の気分を害してはいけないと考えて、「良くないところはありません。」言い、相手を安心させる:発信力0点
3.「自分が顧客であれば、×××が気になると思います。」と一般論にして伝える:発信力90点

1.意見を聞かれているので、で気になっていたことを素直に伝えるを選択した人

相手の要求通りに意見を述べているため、悪くはありません。ただ、要求されたことでも、話を聞く相手の心情を理解したうえで、受け入れやすい言い方をしなければいけません。

2.社長の気分を害してはいけないと考えて、「良くないところはありません。」言い、相手を安心させるを選択した人

相手の要求に全く答えていません。取引先の社長は「この人なら自分が気付かない欠点を見つけてくれるのではないか。」と思って話しているため、信頼関係を形成したいならお世辞を言っても期待に答えていません。

3.「自分が顧客であれば、×××が気になると思います。」と一般論にして伝えるを選択した人

は、自分の視点ではなく相手の立場に立って話ができる人です。顧客目線での意見を述べることで、一般論として指摘することになり、相手の心理的抵抗を軽減できます。

発信力を鍛える5つのポイント

では、社会人に必要な発信力を鍛えるためにはどうすれば良いのでしょうか。基本は以下の行動を理解することです。

  1. 言いたいことがあるときはメモをとり、考えを整理する
  2. 話をするときは結論や結果を先に伝える
  3. わかりやすい言葉とシンプルな表現で話をする
  4. 相手の立場や状況に配慮して伝える
  5. 相手が理解しているか、反応を見ながら確認する

発信力は、ただ思ったことを伝えたり、情報を発信するだけではいけません。発信する行動が無駄にならないように、的確に相手に伝えて、何らかの結果を残さなければいけません。

より効果的な発信力の向上を目指すなら、主体性だけでなく、状況把握力も伴った発信を心掛けましょう。

参考|なぜ社会人には主体性が必要なのか?主体性の事例と鍛える方法
参考|KY社員じゃ給料ガタ落ち…社会で生き抜く「情況把握力」自己診断

社会人基礎力講座

  1. 社会人として誰からも必要とされる人になるための12のスキル
  2. なぜ社会人には主体性が必要なのか?主体性の事例と鍛える方法
  3. 働きかけ力を向上させたい!周りを巻き込むには人間関係と準備が大切
  4. 社会人に必要な実行力を身につける方法は?行動力だけではダメな理由
  5. 仕事の計画力を強くする方法は?普段の電話応対で計画力を自己診断
  6. 仕事の創造力を鍛えるには?必要なものは才能よりも知識と工夫
  7. 新社会人に必要な傾聴力とは?聴く力の向上で仕事を効率化する方法
  8. 仕事で発信力を高めるには?人間関係を構築する情報の正しい伝え方
  9. 柔軟性がある性格とは?仕事や人間関係を円満にする自己診断
  10. チームに必要な情況把握力とは?自分と相手の立場を理解する方法
  11. 規律性のある行動とは?人から信頼される規律を守る社会人診断
  12. 耐える力は必要なし!仕事のストレスコントロール力とは
  13. 社会人に必要な課題発見力とは?課題を見つける情報収集と整理方法

このシリーズは、著書『わかる!できる!「社会人基礎力」講座 誰からも必要とされる人になるための12のスキル』(高橋忠寛著・ビジネス教育出版社)を一部改編しながらお伝えしていきます。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。