漫画喫茶vs中古…それとも?最安値で『ワンピース』全巻読破する裏技

2

読了目安[ 3 分 ]

あの懐かし漫画を読みたい!たまにそう思うことはありませんか?

昔読んだあの漫画をもう一度読み直したいけど、買うほどではないと思われる方は少なくないのではないでしょうか。しかも、漫画の巻数が多いほど高額になることを考えると少しもったいないと感じますよね。

そこで、今回は漫画を最安で全巻読むためにはどのような方法があるのか? ということについて考えてみます。この記事では現在も連載が続き、最新が82巻という大人気ロングセラー『ONE PIECE(ワンピース)』を全巻読むためにかかる費用ということを考えてみます。

全巻を中古購入すると?

まず、最初に考えるのは全巻を買うという選択肢です。ワンピースを全巻買うことを考えると『Amazon』での最安値が11,970円(8月21日筆者調べ)。現在出ている巻数が82巻ということを考えても、全巻読むために1万円払うのは気が引けるという人が多いのではないでしょうか。

レンタル漫画では?

次に考えられるのが漫画をレンタルする方法です。漫画レンタルで最も安いのが『DMM』で全巻借りる方法です。レンタル料金(1冊50円)に加え、送料が別に800円かかりますが、それでもかかる合計金額は4,900円。全巻を購入するよりも半分以下の金額ということを考えると有効な選択肢と言えそうですね。

漫画喫茶で読むとすると?

漫画喫茶の例として、『メディアカフェポパイ』で考えてみます。この店で最もコストパフォーマンスが高いのが12時間パック1,500円のコースです(店舗によって料金は異なります)。仮に30分で1冊読めると仮定すると、82巻読むのにかかる時間は41時間。

続けて41時間読むのなら、12時間パックを4回利用することになるため、6,000円かかることになります。全巻を新品で買うことを考えるとずいぶん安くなりますが、全巻を1冊30分のペースで読み続けなければならず、なかなか難しいかもしれません。

もし買った漫画を売るなら?

最後の選択肢として、最初に買った漫画を読み終えた後に全て売るという選択肢です。仮に購入先と販売先に『Amazon』を利用したと仮定します。Amazonでは手数料が15%かかり、送料もかかります。

先に紹介した中古の全巻最安値11,970円を購入して、同額で販売できたとします。必要な手数料が約1,800円、そして送料が約1,500円と仮定すると、実質支払う金額は3,300円ということになります。これが最安値となりますが、漫画を買ってから売れるまでの間は手元のお金がないので、注意が必要です。

今回は最安値で漫画全巻を読む方法についてお話ししました。漫画の人気度や巻数によって価格は変わるので、参考程度に見てもらえたらと思います。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。