捨てる神あれば拾う神あり!宝くじのハズレ券でできる事

1

読了目安[ 3 分 ]

宝くじを購入したあと、その券をどうしていますか? 残念ながら当選しなかったとしても、それにはまだチャンスがあるんですよ!

本日9月2日は「宝くじの日」。ハズレ券を対象にしたラッキーな抽選などが行われるんです。

実はあまり知られていない宝くじの日のイベント

9月2日。「9」と「2」の語呂合わせで、昭和42年に、毎年9月2日を宝くじの日としたそうです。そして実は、それを記念して、昭和48年から宝くじのハズレ券を対象とした「宝くじの日お楽しみ抽せん」というものが実施されているのです。

多くの人が、宝くじがハズレとわかったらすぐに捨ててしまいますよね。「宝くじの日お楽しみ抽せん」とは、時効当せん金ゼロを目指してハズレ券を対象に再抽選を行うイベントです。ですので、期間内のハズレ券を捨てるのは、9月2日までは待ちましょう。

「宝くじの日」お楽しみ抽せんとは

宝くじの日のお楽しみ抽選の対象となる券は、前年の9月1日からその年の8月31日の1年間に抽選された宝くじのハズレ券。時効当せん金ゼロを目指すという趣旨に基づいたイベントなので、お楽しみ抽選の当選番号をあらためて調べることで、未換金の当せん宝くじが見つかるかもしれないというイベントなのです。

ちなみに2015年は、体組成計やお米、血圧計などの賞品が用意されていたようです。なかなかのラインナップですよね。

なお、ロト6など数字選択型の宝くじ、またイベントくじはこのイベントには対象外ですので注意しましょう。スクラッチくじに関しては、裏面に「お楽しみ抽選の対象」となるかどうかの記載がありますので確認してみましょう。

実は忘れられていることが多い換金!?

宝くじですが、いまだに1億円以上の当せんくじ未換金は相当の数があるとか。宝くじの日をきっかけに改めてくじの当せん番号を確認してみてはいかがでしょうか。当せん金の時効は1年です。実はハズレていたと思っていた券も、よくよく見てみたら…ということもあり得ますよ。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。