格安雑貨を100円ショップでDIY!お部屋の節約模様替えに挑戦!

読了目安[ 3 分 ]

模様替えなんてお金がかかるからできない!という方にぜひおすすめなのが、格安雑貨をつかったDIYです。

気分をリフレッシュするためにも、100円ショップや300円ショップなどの格安グッズを使って、自分でインテリアを作ってしまいましょう。

趣味がない人も楽しみながらつくることができますし、何より節約しつつ模様替えができるので、お財布にも気分にもとってもやさしい方法なんです。

工具をほとんど使わないものから、少し手作り気分を味わえるものまで、おすすめのDIYをご紹介します。

ペタッと貼るだけ!リメイクシートでカフェ風なお部屋

今100円ショップで注目されているのが「リメイクシート」。壁や家具などにペタッと貼るだけで、一気に部屋の雰囲気を変えられる便利アイテムです。秋といえば、少しレトロでカフェ風のインテリアが気になりますよね! そこで、100円ショップで販売されているレンガ柄やストライブ柄のリメイクシートが大活躍。

・キッチンのコンロ回りの壁やレンジフードに貼る
・寝室の壁1面だけに貼る
・カラーボックスの側面に貼る

など、いろんなところがすぐに模様替えできます。必要な面積にもよりますが、キッチンだけなら1,000円以内でできます。

木箱で室内フェイクガーデニング

100円ショップによく売られている、かわいい木箱。すのこタイプのものや、すき間のないもの、壁掛け用につくられているものなど、様々なタイプがありますよね。壁に画びょうくらいの穴をあけてもOKの場合は、壁掛け用がとってもおしゃれでおすすめですが、NGの場合はシューズボックスの上や家具の空きスペースに設置しても素敵です。

材料は、木箱1~2個、画びょう(壁掛けタイプの場合)、ブリキ缶やガラス瓶、フェイクグリーン(フラワー)の合計500円程です。

<作り方>
1.木箱を好みのところに設置する(壁掛けの場合は、画びょうで固定する)
⇒小さい木箱であれば、位置をずらして斜めになるように上下に設置したり、木箱どうしを接着剤でつけてもOK!
2.ブリキ缶やガラス瓶に、秋っぽいフェイクグリーン(フラワー)をあしらう
⇒木箱にフェイクグリーンをつたわせても素敵です!
3.お部屋のワンポイントとして飾る

もちろん、季節の生花でもOKです。水やりなどが大変な方にはフェイクグリーン(フラワー)はとっても便利ですよ。

牛乳パックがおしゃれなスツールに変身

スーパーや地域の廃品回収などに出すことが多い牛乳パックを使って、おしゃれなスツールができちゃうんです。作り方はかんたんなので、お子さんと一緒に手作りしてみてはいかがでしょうか。

まず、飲み終わった牛乳パックをキレイに洗ってハサミで切り開き、上部の1か所と底の部分は取り除き、上部2か所はハサミで切っておきます。
側辺の一面を貼りあわせてセロテープでとめ、三角柱を作ります。

この三角柱を組み合わせて、好きなサイズの六角柱を作ります。踏み台や子供用のいすにできるスツールなら、1個あたりだいたい牛乳パック24本か36本を使うのが標準です。

六角柱の上下には、補強のために段ボールを貼ります。
上部はクッション材の綿や余り布を中に入れて布をかぶせ、サイドは布をぐるっと巻きます。布はお好みのデザインや色を選んでくださいね。
もっと大量の牛乳パックを組み合わせていけば、ソファも作れてしまいます。

DIYの基本とは

DIYの基本は、「理想の部屋」のイメージをしっかりと固めておくことです。少なくとも、「テイスト」「カラー」「予算」の3つはしっかりと決めておきましょう。

何も考えずに「これは素敵だな、使ってみよう」と購入していくと、途中で自分の好みが違うテイストだったことに気づいたり、思っていたものと違うものが出来上がってしまいます。

節約のためのDIYなのに、また買い直すことになっると意味がないですね。

インテリアのアクセントになる小物はアイデア次第です。やっていくうちに、あれも出来そう!とアイデアがどんどん浮かぶかもしれませんね。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。