あぁ…もったいない!値引き交渉可能「売値で買うと損するもの」3選

1

読了目安[ 3 分 ]

大きな買い物をするときに、言い値を払っていたら実はとんでもない損をしていることになるかもしれません。スーパーマーケットやコンビニの出現によって今や値引き交渉しないのが当たり前と考えられるようになりました。

しかし、まだまだ大きな買い物では値引き交渉をすることも十分に可能です。大きな買い物はそれだけ顧客が少なく、売り手も早く売ってしまいたい!という心理が働くためです。

今回は、必ずしないと損する値引き交渉ということで、売値よりも安く変えるものを紹介します。

この記事の目次

家電

多くの家電量販店では値引き交渉をする価値が十分にあるといえます。特にセットやまとめ買いを考えている人は当然支払い総額が高くなるため、そのようなお客さんは家電量販店からしても貴重ですから、できれば自分の店舗で買ってほしい!と思うのは自然な流れと言えるでしょう。

強気で値下げしろ!というのではなく、相手にとっても気持ちよく値下げしてもらうような態度と理由を示すことがポイントと言えそうです。

中古車

続いて値引き交渉する価値があると考えられるのは中古車を購入するときです。全ての店員がそうであるとは限りませんが、中古車販売店は自分が担当していて車が売れると収入に反映されるため、できるだけ自分の担当で車を売りたいと考えます。

ですから、こちらも条件が良ければ購入するという態度をしっかりと見せましょう。そうすることによって相手の「買ってくれるのではないか?」という心をくすぐることができます。まずは、気軽に相談するところから始めましょう。

中古住宅

最後に紹介するのが、中古住宅です。中古住宅は一生に一度の大きな買い物になるとも考えられるため、顧客が多いわけではありません。住宅は税金などの維持費も馬鹿にならないため、一刻も早く売りたいと考えるオーナーも少なくないでしょう。

値引額はオーナーの心お財布事情や住宅の需要にもよりますが、100万円程度の値引きをしてもらえることも少なくないそうです。こちらも気軽に相談することが、まずは大切と言えそうです。

いかがだったでしょうか。今回の記事のような大きな買い物をするときに値引き交渉するかどうかで大きく購入金額が変わります。まずは売り手に聞くところから試してみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。