世帯年収1000万円越えも!「お金持ちの子が通う」23区小学校ベスト10

読了目安[ 2 分 ]

住んでいるエリアによって、地域のカラーに差が出るものですが、世帯収入に関しても同じことが言えます。

そこで国税調査や住宅土地統計調査をもとに、小学校区ごとの平均世帯年収を分析、作成した『スタイルアクト株式会社』公表のデータをもとに、東京23区の各区で最も平均世帯年収が高い小学校をランキング形式でご紹介しましょう。

東京23区 平均世帯年収1位の小学校区

  • 1位:港区立南山小学校(平均年収1,005万円)
  • 2位:千代田区立番町小学校(平均年収878万円)
  • 3位:大田区立田園調布小学校(平均年収782万円)
  • 4位:世田谷区立東深沢小学校(平均年収764万円)
  • 5位:中央区立佃島小学校(平均年収747万円)
  • 6位:品川区立御殿山小学校(平均年収739万円)
  • 7位:目黒区立東根小学校(平均年収734万円)
  • 8位:渋谷区立神宮前小学校(平均年収710万円)
  • 9位:江戸川区立清新第一小学校(平均年収699万円)
  • 10位:板橋区立緑小学校(平均年収696万円)

平均世帯年収と人気は相関関係

平均世帯年収が高いエリアは「歴史と伝統がある」といった教育環境の良さと、高級住宅街や大手企業社宅があるといった平均世帯年収を上げる要素を併せ持つと考えられます。
そして平均世帯年収の高いエリアは、人気の学校区でもあり相関関係の傾向があります。

また、「住宅費1/2節約も夢じゃない⁉︎ “東京23区の家賃相場”ランキング」でもご紹介していますが、平米単価の賃料が東京23区内で高いエリアは、世帯年収も高いと予想されます。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。