お金持ちになるための常識!「貯めグセをつける」小さな習慣5つ

9

読了目安[ 3 分 ]

貯金がなかなか続かない……と悩むひとは多いのではないでしょうか。ストレスを感じてやめてしまったという人もいるのでは?

今回は、いつの間にかお金がたまっている「貯めグセ」をつける習慣についてご紹介します。貯めグセをつけることで、無理なくムダなく貯金を続けることができますよ!

1:お給料が入ったら

毎月給与が入ったら、一定額は先に貯金へまわすことが確実な貯金をするコツです。あらかじめ決めておいた額を先に貯蓄用として確保してしまうことで、「今月も全部つかっちゃって貯金するお金がない!」という残念な事態を防ぐことができます。

方法としては、金融機関の定期積立サービスを利用するか、貯蓄用口座を新しく作っておき給与が振り込まれたらすぐに決めた額を貯蓄用口座にうつすという2つがおすすめです。決めた額を先にとっておくことで、残りのお金はなくなるまで使えて気持ちに余裕が生まれます。

2:毎日の行動を見直そう

毎日の行動を見直して、ムダづかいをしているところや工夫できるところを見つけて改善していきましょう。小さなお金も、ちりも積もれば大きな額になります。日々のちょっとした出費をおさえる習慣をつけるだけで、貯めグセをつけることができますよ。

3:コンビニにはいかない

コンビニの商品は、基本的に価格が高めです。同じ500mlのペットボトル飲料でも、コンビニなら150円くらい、スーパーなら100円以下で買うことができます。1本だとたかだか50円ですが、2日に1回買っていたとすると月に750円もの差が。年間だと9000円。結構大きな額になります。

「年間29万円の支出!“コンビニ立ち寄り”が無駄使いを助長するワケ」でも紹介していますが、コンビニでの支出は無視できないものがあります。

4:衝動買いはしない

心ときめく商品をみつけたら、思わず財布の紐もゆるんでしまいますよね。しかし、衝動買いをする人はいわゆる浪費家の傾向があり、なかなか貯金できない人が多いんです。心ときめく商品を見つけても、とりあえずその日は買わないことを習慣にしましょう。

次の日にまだ心がときめいたら、予算と相談してください。たいがい、次の日になると「そんなに欲しくないかも」と、冷静になることができます。

5:ストレスは溜めない

貯金をはじめたものの続かないという大きな原因は、貯金によるストレス。「これだけ貯めなきゃ」「ここは我慢しなきゃ」など、自由にお金を使えないストレスが大きくなっていくと、「もういいや!」と貯金をしなくなってしまいます。

毎月決められた額を先取り貯金していれば、あとは何につかっても大丈夫なので、このストレスも多少軽減されますね。また、たまにはご褒美も大切。年1回の旅行や欲しいもの1つだけは買う!など、「これからも貯金を頑張ろう!」と前向きになれる自己投資も大切ですよ。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。