教育費の資産運用「預金:投資信託」ベスト配分は?~子どもの将来を広げるために~第5話

1

読了目安[ 3 分 ]

子供の教育費が実際必要となる時期まで、子供が生まれてから長期間ある場合には、投資による資産運用を考えても問題ありません。ただし、重要なのはリスクコントロールです。

前回、 第4話「初めての資産運用、商品選びの3つのステップ」に続き、子供の教育費を投資運用によって考えていく場合、さらに一歩踏み込んだリスク回避の方法についてご紹介します。

【資産運用のリスクをコントロールする方法】

前回は、初めての資産運用でどのような商品を選べばよいのかということをお伝えしました。しかし教育費として必要になるまでの長い期間、運用を続けるには各人のライフプランや資金計画に合わせて対応していく必要があります。そこで、今回は資産運用のリスクをコントロールする方法についてお伝えします。

【預金と投資の割合を調整しよう】

リスクをコントロールする一番簡単な方法は、預金と投資にまわす資金の割合で調整することです。

資産運用上級者であれば、株式と債券の配分や投資地域の選択でリスク調整が可能です。初心者の場合は、預金と投資にまわす資金とのバランスで調整する方法が簡単です。

例えば、将来の教育費のために今から準備できる予算が毎月15,000円だとします。2話「教育費を資産運用しながら準備してみる」でもお伝えした通り、この場合はそのうち毎月1,000円ずつでも良いのですぐに投資信託の積み立てを始めましょう。残り14,000円は預金に預けておいてもOKです。ただし、普段から利用している普通預金口座とは分けて管理しておく必要はあります。

積立投資を始めて半年程度は、投資信託の価格変動の大きさをチェックしておきましょう。値動きのイメージが掴めたら、投信信託の積立金額を徐々に増やしていきます。資金が必要になるまでの期間が10年以上あるなら、最終的に「預金7,500円、投資信託7,500円」と半分ずつにします。投資信託の商品は、第4話「初めての資産運用、商品選びの3つのステップ」でお伝えした通り、株式インデックスファンドが良いでしょう。

→次ページは
資金を使う時期に合わせて配分を調整する話です。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。