米利上げ期待と雇用統計!【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

読了目安[ 2 分 ]

8月第5週の見通し(2016/08/29)

為替アナリストの岡安盛男です。毎週月曜日にお届けしている『初心者でもわかる今週の為替市場』。今週も宜しくお願いします。

「米利上げ期待と雇用統計」

先週末に行われたジャクソンホールでのイエレン議長講演で、ドルは全面高となりました。
週末のイエレン議長の講演を控え、先週は多くのFOMCメンバーがタカ派的な発言が相次ぎました。
ジャクソンホールの会合では毎回歴代のFRB議長が重要なメッセージを発する絶好の舞台になります。

市場ではイエレン議長が利上げに対して前向きな発言をするか注目が集まりました。しかし、大方は利上げに関して特に目立った言及はないという見方が多く、あまり期待は高まりませんでした。ところが、市場の予想と反しイエレン議長は「米国雇用市場が改善し、追加利上げの条件は整ってきた」と発言。これを受けドルは一斉に買われました。

その後「FRBの金融政策はデータ次第」との慎重な見方を示したことでドル円は100円直前まで反落。ところが、そのすぐ後にフィッシャー・セントルイス連銀総裁が「8月の雇用統計がFOMCの決定に影響を与える」「イエレン議長の発言は9月利上げの可能性と整合」の発言で早期利上げ期待から再びドルは全面高となりました。
ドル円は一気に101円台に乗せ101円後半まで上昇しほぼ高値圏で引けてきました。

これまで市場は夏休みという事もあり、おとなしい動きが続いただけにエネルギーが溜まっているように見えます。そのため、今週のドル円は週末の雇用統計発表まではこの流れを継いで底堅い動きが継続すると予想されます。

一方で、米国が追加利上げを実施することにより、中国や新興国から資金が流出するとの見方が強まり株式市場が急落するといった懸念もあります。
FRBが今後も利上継続の可能性を示したことで、今年1月に中国株式市場が混乱に陥り世界的金融市場のリスクが高まるという経緯がありました。
今回も同様のことが起きればリスク回避の円高が進み、ドル円は再び100円割れを試す状況に陥りかねません。

尤も、今回の状況は前回とは違い市場の混乱はないと考えます。イエレン議長など他のFRBメンバーも今後は緩やかな利上げが適切であると繰り返し発言しています。そのため、新興国からの資金が急速に流出する可能性は低いと考えられます。
今週の雇用統計の結果次第で9月利上げの可能性が一気に高まりドルは一段の上昇が見込めます。しかし、それ以降は利上げペースが遅れるとの見方からドルの上値も限定的とみます。
雇用統計がもし予想を下回り、ドル円が売られたとしても100円の壁を下に抜けるのは難しそうです。

【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】、来週も宜しくお願い致します。
▼30秒でわかる!8月第4週、今週の為替市場の見通しはこちら!

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。