タバコ代は年間16万円!「喫煙を今見直すべき」真の理由

5

読了目安[ 3 分 ]

あなたの口座に毎月1万円が振り込まれる方法があれば試してみたいですか?

実は、そんな夢にも思える方法が存在します。しかもその方法は、あなたを健康に導き、金銭的な節約ができるのです。残念ながら誰もができるというわけではありませんが、今回はそのような画期的な方法についてお話しします。

禁煙すると毎日400円以上お得?

もったいぶっても仕方ないので、お話しすると、その方法とは禁煙するという方法です。

たばこを吸っている人を否定する気はありませんが、実際のところ喫煙者がたばこにかけているお金は少なくありません。2013年JT発表『全国たばこ喫煙者率調査』によると、たばこを毎日吸うと答えた男性は1日平均19.1本も吸っています。

おおよそ毎日1箱消費しているという人が多いようですね。これを月額で考えると、どのようになるのでしょうか。

たばこにかかるお金は年間16万円!

たばこの値段を1箱440円、1日1箱のペースで消費したと考えてみます。1ヶ月を30日と仮定すると、ひと月のたばこ代は13,200円。年間単位で考えれば、15万8,400円にもなります。

ふとした休憩時や口が寂しいときにたばこが吸いたくなるというのもわかりますが、たばこにかかるお金は安くありません。

またたばこは身体に悪い影響をもたらすことは知られており、たばこが原因で病気になっていたらその医療費だって無視できるものではありません。

禁煙したい人におすすめする電子タバコ

この記事を読んでいる方の中には、現在たばこを吸っているけれど禁煙したい!と考えている人もいるでしょう。

そんな方におすすめしたいのが、電子タバコです。電子タバコで禁煙しようとしている方の多くは、「電子タバコには吸った感覚がない」という意見があるようです。

確かに、電子タバコを禁煙するための道具として考えると、物足りないかもしれません。しかし、電子タバコを現在吸っている紙タバコと同じ嗜好品と考えてみると、思いの外ハマるという人も少なくないそうです。

「吸っている感覚がないからすぐ止める」のではなく、電子タバコの後にタバコを吸っても構いません。続けることによって禁煙の手助けになることは間違いないでしょう。ぜひ、禁煙の手助けとして電子タバコから始めてもらえたらと思います。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。