キャリアアップに不可欠!誠意をみせる「傾聴力」があるか自己診断

1

読了目安[ 4 分 ]

社会人が身につけておくべきスキルを、クイズ形式で学んでいく本シリーズ。今回のテーマは、【傾聴力】です。
まずは、あなたの傾聴力を事例クイズでチェックしてみましょう。

あなたの「傾聴力」自己診断

新人のあなたは、取引先の社長から自社に対する要望を聞き出したいと考えています。そこで、「我が社のサービスに対する不満はないでしょうか。」と思い切って質問してみました。すると社長は「実はね…」と語り始めました。あなたは、どのようにして話を聞くべきでしょうか。

(1)真剣さが伝わるように、きちんと目を見てじっと黙って社長の話を聞く。
(2)社長の話に相づちを打ちながら、メモを取るようにする。
(3)疑問に思ったことをその都度どんどん質問する。

診断結果

(1)を選んだ人…傾聴力50点
(2)を選んだ人…傾聴力90点
(3)を選んだ人…傾聴力 0点

(1)のように、真剣に話を聞くことはもちろん大切です。しかし、何も反応がないと社長もきちんと伝わっているのか不安になります。また、相手の目をずっと見つめるのは、挑戦的な態度と受けとめる人もいます。

(2)のように、頷いたり相づちを打ちながら、大事な部分はメモを取ることで、あなたの真摯に取り組む姿勢が伝わり、社長の本音を引き出すことができるようになります。こういった情報収集により、さらに仕事が円滑に進むようになるかもしれません。

(3)のように、疑問に思うことがあるたびに尋ねていては、社長の話を遮ってしまうことになります。メモを取りながら、話が一段落したところでまとめて聞くようにしましょう。

社会人が求められる「傾聴力」とは何?

傾聴力とは、相手の意見を丁寧に聴く力のことです。「聴く」という言葉は、単純に音が聞こえるだけでなく、注意して聞き取るというときに使います。相手が話しやすい環境を整えて、相手の意見を引き出す力を傾聴力といいます。

なぜ「傾聴力」が必要なの?

職場では、「話す」ことと同様に「聴く」ことがとても重要です。相手を理解するためには、聴くことが必要不可欠です。効果的に情報を伝えるためにも、まずは相手のニーズを把握する必要があります。効率的に仕事を進めていく前提となるのは、相手が伝えようとしている事を正確に理解することです。そのために、聴く技術を身につけることが大切です。

まとめ:傾聴力を鍛える5つのポイント

(1)適切な相づちを打ちながら、話を聴こう!
(2)相手の言うことをまずは肯定的に受けとめよう!
(3)仕事の指示を受けるときは必ずメモを用意しよう!
(4)相手の話を遮らないようにしよう!
(5)重要なことは復唱し、理解したことを伝えよう!

経済産業省が提唱している「社会人基礎力」は「前に踏み出す力(アクション)」と「考え抜く力(シンキング)」、「チームで働く力(チームワーク)」の3つの能力と、それを構成する12の能力要素で成ります。

このシリーズは、著書『わかる!できる!「社会人基礎力」講座 誰からも必要とされる人になるための12のスキル』(高橋忠寛著・ビジネス教育出版社)を一部改編しながらお伝えしていきます。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。