猛暑の部屋を最速で涼しくする!帰宅したら最初にやるべきコト3つ【声優ナレーション付き】

3

読了目安[ 4 分 ]

夏場、帰宅して部屋の扉を開けると…もわっと暑い!そんな部屋の熱気を素早くとりのぞき、最短で部屋を涼しくするにはどうしたらよいのでしょうか。

帰ったらすぐに涼しい部屋でくつろぎたいですよね。今回は、ぜひ試していただきたい、部屋を最短で涼しくする方法をご紹介します。

1:窓を開けて換気をする

せっかく部屋に入ったのに、外の暑い空気を入れちゃうの? と思った方もいるかもしれませんが、部屋を素早く涼しくするには、クーラーをつけるよりもまず熱い空気を逃がすことが大切。部屋にこもった熱気は、窓を開けて換気をすることで外へ逃がしましょう。

これは、炎天下に駐車していた車に乗るときと同じ考え方です。車に乗る際、ドアや窓を全開にするという方は多いのでは? 同じように、お部屋も全開にしちゃいましょう!

2:扇風機を天井にむけて暑い空気を追い出す

窓を開けて換気をしても、そとから風が入らずなかなか空気が循環しないということがあります。また、部屋の熱気を逃がすのに時間がかかることも。そんな時は、扇風機をつけて熱気を追い出してしまいましょう。

部屋の熱気は天井部分にたまっているので、扇風機は首を上に向けて動かすと効果的です。ただ窓を開けている状態よりも、みるみるうちに熱気が外へと放出されます。

3:窓をしっかり閉めてカーテンをする

部屋の熱気がだいぶ取れてきたなと思ったら、窓をしっかりと閉めてカーテンをしましょう。そしてクーラーのスイッチをオンに。熱気がある状態でクーラーをつけると、熱気の温度を下げようと無駄な電力を使ってしまいますし、部屋の温度もなかなか下がりません。

熱気をある程度逃がしてからクーラーをつければ、早く部屋の空気を冷やすことができます。また、熱気とは反対に、冷やした空気は逃がさないことが大切です。窓はきちんとしめて、冷えた空気が逃げるのを防ぎましょう。さらに、カーテンも効果的です。窓から差し込む日差しや、窓ガラスから伝わる熱で部屋の空気が熱くなってしまうのを防ぎます。クーラーで冷やした空気が熱されてしまうともったいないですよね。

ここで紹介したステップを踏まずにすぐに冷房をオンにすると、部屋を冷やすまでよけいに電気を食い、電気代もかさんでしまいます。節電しながら素早く部屋を涼しくして、快適な夏をお過ごしください。

<エアコン節約術の関連情報>
「効率よくエアコンを活用したい!「冷房VS除湿」結局どっちが涼しいの?」
「猛暑で夏の電気代もウナギ上り!“夜間のエアコン代”を抑えるテク」
「小さな努力で1000円の差!エアコン代節約“朝にやるといいコト3つ”」
「猛暑に打ち勝つ!体にやさしい“妊婦のためのエアコン代節約術”」

■今回のナレーター

度会 結希(わたらい ゆき)

・主な活動歴
落語大好き!人狼ゲーム大好き!な声優です。
声優落語集団「ういろぅてんぐ」共宰、ラジオ「みずき・ゆきひみつラジオ」メインパーソナリティ、他
ツイッター  @wataraiyuki

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。