即席ラーメン・カップ麺を年5千円も食べている市町村はどこ?

読了目安[ 2 分 ]

8月25日は即席ラーメンの日ということをご存知ですか?というのも1958年の8月25日に世界初のインスタントラーメンといわれる『チキンラーメン』が販売されたのです。

今や私たちの生活の中で必要不可欠とも言える存在となったカップラーメンですが、全国で最もカップ麺を食べている県庁所在地はどこかご存知でしょうか。今回は、ランキング形式でどこの市町村がカップ麺を多く食べているのか、カップ麺の年間支出額を元に紹介します。

なお、今回のランキングは総務省統計局発表の『家計調査(二人以上の世帯)品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング(平成25年~27年平均)』に基づいて作っています。

3位 山形市(年4,881円)

まず、3位からですが山形市という結果になりました。なぜ山形という意見が出そうですが、答えは単純に「寒いから」と言えるのではないでしょうか。他の理由として考えられるのは土地柄か麺類の消費が多い傾向にあります。麺類の消費は全国から見ても2位と非常に人気が高いことが伺えます。ラーメンに限らず麺類が好きということなのかもしれませんね。

2位 新潟市(4,917円)

続いて2位にランクインしたのは新潟市です。こちらもなぜ人気なのかと言われると、やはり寒いからでしょうか。冬の寒い日に外に出て買い物に行くよりも、家でぬくぬくとカップ麺を食べている方が楽ですからね。新潟と聞くと米の印象が強いかもしれませんが、それに負けないくらいカップ麺の人気も高いようです。

1位 青森市(5,366円)

日本で最もカップ麺を購入しているのは青森市という結果になりました。これまたなぜ青森?という話になりますが、こちらも土地柄なのでしょうか。というのも青森市は中華麺でも全国2位となっていますし、ラーメンや焼きそばといった味の濃いものが好まれているのかもしれません。

また、東北限定の焼きそば『BAGOOOON(バゴーン)』というカップ麺があり、普通なら捨ててしまうお湯をわかめスープに変える食べ方もあるそうです。一度で二度美味しいカップ麺を好んで食べていると言えるでしょうね。

番外編:最下位 大津市(2,591円)

番外編ということで、全国で最もカップ麺が食べられていないのは大津市だそうです。地域別に見てみると近畿圏はあまりカップ麺を好んで食べない傾向にあるようです。その近畿圏である大津市が最も食べないというのも納得できますね。

さて、意外な結果とも捉えられるランキングでしたが、イメージと大きく違うと思われた方も多いのではないでしょうか。まだまだ暑い日も続きますが、熱いラーメンを食べて夏を乗り切りましょう。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。