お金の概念に革命が起こる…!新しい通貨「ビットコイン」って何?

読了目安[ 4 分 ]

インターネット上で流通する貨幣であり、現物として目に見える形では存在しない通貨を「仮想通貨」と言います。そして仮想通貨の代表格が「ビットコイン(Bitcoin)」。

最近では、三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨「MUFGコイン」を2017年秋に発行する予定であると報道され話題になりました。本格導入されれば個人間送金などが、割安の手数料で可能になり、私たちの生活の利便性は上がっていくことが予想できます。

2年ほど前、ビットコインの取引所『マウントゴックス』が民事再生法の適用を申請し、顧客が保有する75万ビットコインや購入用の預かり金も消失していたという、いわゆる「マウントゴックスの破綻」がありました。これにより、ビットコインに良いイメージを持たない人もいることでしょう。

そこで一緒に、仮想通貨を正しく理解し、私たちの暮らしにどんな影響をもたらすのか考えていきましょう。

通貨革命と言われるビットコイン

ビットコインはインターネット上で用いる「仮想通貨」です。アメリカでは「暗号通貨」と呼ばれることが多いです。

ビットコインは、誰でも簡単に利用することできます。「ウォレット」と呼ばれる財布を、パソコンまたはスマホに作り、インターネット上にある両替所で円やドルを支払い、ビットコインを入手します。ビットコインを受け入れる店舗で買い物をする際は、ビットコインで支払うことできます。また、個人間を流通させることもできます。

ここまで読むと、SuicaやPasmoなどの交通系電子マネーと同じように買い物ができるのがわかります。しかし電子マネーとは、現金を使いやすい形態に変形しただけのものです。その点、ビットコインは無国籍で、国境を越える送金が簡単に低コストでできます。カードの盗難・紛失も心配ありません。

ビットコインとは「正しい」金融取引の記録台帳

私たちが普段使用している通貨は、中央銀行(日本で言えば日本銀行)や国が発行・管理をし、電子マネーは企業が発行・管理をしています。ビットコインは、発行者も管理者も存在しません。

「え!そしたらどのように通貨が成り立っているの」と思いの読者がたくさんいることでしょう。

これを支えているのが『ブロックチェーン』と呼ばれるものです。新聞やニュースで目にする機会が多いこの言葉ですが、ブロックチェーンとは皆で監視しあう分散型のコンピューターネットワークのことです。

例えば、「AがBに10ビットコイン支払った」「CがDに20ビットコイン支払った」という取引記録を1箇所ではなく、分散されたデータベース上に多数同時に存在します。取引を記録した取引台帳が全世界に向けて公開されていますので、コイン保有者それぞれの「ウォレット」にはいくら入っているのかが分かるようになっています。

分散管理が不正な取引を排除・安全な取引を監視

ブロックチェーンを騙すことは基本的にはできません。全取引履歴のデータが世界中に散らばっていて、皆でシステムを監視しあっているため、特定の人によるシステムのハッキングを防止することができるのです。

仮に悪事を働こうとした場合、ネットワークに繋がっている全てのコンピューター上で、「マイニング」と呼ばれる巨大な計算(計算負荷の高い数学的問題)を行う必要があり、これにはコンピューターの計算能力と非常に大きな電気代がかかってしまいます。このマイニングですが、正解を導いた人には報酬としてビットコインが受け取れます。悪事を働くインセンティブが少ないのです。

今回はビットコインの基本的な仕組みについてご紹介しました。次回は、これらが私たちの生活にどう影響を与えていくのか、という点についてお話ししようと思います。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。