明日は我が身…!「もめるorもめない」相続の実態を調査してみた

1

読了目安[ 4 分 ]

相続問題と聞くとどのような印象を持つでしょうか。最近ではニュースで耳にすることも増えてきており、テレビドラマでも取り上げられ始めるほど身近な問題になりつつあります。

重大な問題だという認識は高まる一方で、とても複雑なイメージも強く、敬遠しがちな人も多いのではないでしょうか。

そこで、マネーゴーランドでは『相続に関する意識調査』を独自に実施し、世間の相続問題に対する実態を調べてみました。

相続でもめると思う人はどのくらいいる?

もしも両親に相続が発生した場合、あなたは兄弟姉妹や親族間でもめると思いますか? この質問に対して「もめないと思う」が51.3%と約半数を占め、「もめると思う」は15.1%という結果になりました。

Q1:両親から相続が発生した場合、兄弟姉妹や親族間でもめると思いますか?
相続に関する実態、マネーゴーランド意識調査

「もめる派」の言い分は?

「もめると思う」と答えた人たちがそう思う理由はどういったものなのでしょうか。回答の中からいくつか例を挙げてみます。

・もめないわけない(50代男性、東京都)
・仲が悪いから(20代女性、岡山県)
・実際、知人でもめていたのを何人か知っているから(30代女性、神奈川県)
・お金のことでもめるのが人間(30代女性、愛知県)
・実家との距離や密度が明らかに兄弟で違うから(30代女性、愛知県)

「もめない派」の言い分は?

続いて、「もめないと思う」と答えた人たちの理由もみてみましょう。

・もめるほどの財産がない(50代男性、愛知県)
・話し合い済み(50代女性、兵庫県)
・自分は相続する気がない(30代女性、岡山県)
・一人っ子だから(20代女性、兵庫県)
・舛添要一と違って心がきれいだから(50代男性、東京都)

相続をスムーズに行うための対策は?

こちらの質問では、「おこなっている」が6.0%、「おこなっていない」が57.0%となっており、何かしらの対策をおこなっている人は非常少ないことがわかりました。また、「何をしたらよいかわからない」と答えた人が37.0%と、対策をしておいた方がいいとは思っているものの、具体的にどうすればよいのか分からない人も多いようです。

Q2:相続でもめないために何か対策を行っていますか?
相続に関する実態、マネーゴーランド意識調査

では「おこなっている」と答えた人はどのような対策をしているのでしょうか。いくつかの対策例を挙げてみます。

・遺言書を残す相続保険に加入する(20代女性、神奈川県)
・十分に話し合いをしている(50代男性、大阪府)
・遺言書を書いてもらっている(20代女性、東京都)
・税理士に相談している(40代女性、東京都)
・相続権を全て放棄する事に決めている(40代女性、東京都)

日頃からの話し合いや、法的機関や法に詳しい人に相談したり、すでに遺言書を用意してもらっているという対策が多いようです。また、もめるようなら自分は相続しないと決めているという方も何人かいらっしゃいました。

おわりに

相続問題に対して危機感を持つ人はまだそれほど多いとは言えないようです。しかし相続問題は事前の対策が非常に大事になってきます。これまであまり重要視していなかった人も、いざというときに家族や親族間の仲が壊れないためにも、一度考えてみてはいかがでしょうか。

※上記集計は2016年8月にマネーゴーランド編集部が行ったインターネットによるアンケートの集計結果です。(対象:全国の男女、回答数1,500名)

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。