引越し業者の本音は…?「引越し屋に嫌われる人」5つの特徴

3

読了目安[ 4 分 ]

夏休みにあわせて引越しをお考えの方も多いでしょう。見積りから引っ越しまでお世話になる引越し業者。短い間ですがうまく付き合えると良いですね。今回は元引越し業者から聞いた、「引越し業者に嫌われる人」の特徴を解説します。

1.荷物を梱包していない

引越し業者は基本的に梱包されている荷物を運ぶ契約です。業者が到着したときに荷物が梱包されていなかった時には、引越し時間をずらしたり日程を組み直したりと、引越しがスムーズにいかなくなります。忙しいのはわかりますが、期日は守りましょう。事前の準備はしっかりと。

2.ダンボールの口を閉じていない

これはトラブルの原因になったりします。例えば以下のようなことが挙げられます。

  • すぐに荷物の運び出しができない
  • 運び出していい荷物なのかそうではないのか区別がつかない
  • 口を閉じてないとトラックで積み上げられないので予定していた荷物量が増える可能性がある
  • 万が一現金などの貴重品が入っているダンボールを知らずに口を閉じてしまうなどのトラブル

ダンボールは、引越し業者が到着したらすぐに運び出せる状態にしておきましょう。業者は1日に何件もかけもちすることもあり、余計な待ち時間はお互いの不利益にしかなりません。

3.引越し先の荷物配置が決まってない

引越し先で荷物をどこに置くか。都度確認し悩まれていたのでは時間のロスになります。お互いスムーズに素早く引越しを終了させるためにも、引越し先での配置を事前にシミュレーションしておくことが肝心。引越し先の間取り図に各部屋の番号をふり、同じように荷物にも番号をふっておけばバッチリでしょう。
引越し屋さんはレイアウトの相談にも乗ってくれる人が多いので、運び込む部屋を決めておいて位置決めは引越し屋さんに相談するのもいいかもしれません。

4.細かすぎる人

引越しに限らず細かい人は嫌われがちです。家具の配置を細かく指定する…といった細かいことよりも、引越し作業を終わらせるというゴールをまずは達成させてほしいという声が本音のよう。

引越し屋さんによっては後日家具の移動を無料で手伝ってくれるサービスがあったりしますので、たとえその場で配置が決まらなくても少し住んでみて後日家具の移動というのもいいかもしれません。

家具の配置換えや照明の取付け(ワンタッチ式)など10分程度のお手伝いをいたします。

引越しの見積もりは引越しの専業【サカイ引越センター】公式サイト

アート引越センターで国内でのお引越しをされたお客さまが、お引越しの日から1年以内の間に1回に限り無料でご利用いただけます。
お部屋の模様替えなどのときにご活用ください

家具移動サービス|引越し料金・費用の見積もりはアート引越センター

5.料理などを無理やりすすめる人

これは、悪意がないのですが厄介です。引越し業者は1日に何件も仕事を抱え、次のアポがあるため、食事をすすめられても困ります。断るとお互い気分が良いものではありませんし、料理を無理やりすすめるのをやめましょう。ただし、ペットボトルで飲み物を差し入れするのは喜ばれるそうです。

以上が引越し業者に嫌われる人の特徴でした。ここで紹介した特徴に当てはまると、引越しだってスムーズにはいきません。気持ちよく引越しできるためには、これらのことにも注意してみてはいかがでしょうか。

<引越しは一括見積!>

読了目安[ 1 分 ]

申し込んだ瞬間から電話が鳴り始めますが、相見積もりとることで確実に引越しを安く済ませること(有利な交渉)が出来ます。
必ず比較することをオススメします!

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。