【節約絶景ドライブ】沖縄南部の世界遺産「斎場御嶽」とパワースポットを巡ろう

1

読了目安[ 10 分 ]

節約絶景ドライブ:沖縄南部ニライカナイ橋を通って知念岬をドライブ編

これまで見たことのない景色や風景に出逢ったとき、そこには決してお金には替えることのできない喜びと感動があります。

そんな体験をもっと身近に感じるためにこんな企画を用意してみました。題して「節約絶景ドライブ」。
みんなが知っているドライブスポットから地元の人しか知らない隠れた穴場まで、おすすめルートに節約テクニックも交えてお届けします

沖縄南部の絶景ポイントをレンタカーで回ろう

旬のシーズンに見られる絶景スポットを“節約”をテーマにしてご紹介している節約絶景ポイント。
今回ご紹介するのは、レンタカーを使って回れる沖縄南部の絶景スポット。
意外と知らない沖縄本島の南部にも魅力的な絶景スポットや世界遺産があるので、ぜひ足を運んでみるのはいかがですか。
那覇空港からのアクセスもよく、半日もあれば十分観光できる手軽さも魅力です。

おすすめスポット●19

沖縄南部にある知念岬、斎場御嶽を鑑賞するプラン

  • ルート:那覇空港→国道331号→ひめゆりの塔→平和祈念公園→うちなーファーム→奥武島→新原&百名ビーチ→垣花樋川(かきのはなひーじゃー)→ニライカナイ橋→知念岬→斎場御嶽(せーふぁうたき)
  • 距離:約40km
  • 所要時間:約60分

▼沖縄で最も神聖な拝所として知られる斎場御嶽。2000年には世界遺産にも登録されています。
レンタカーで沖縄南部の世界遺産、斎場御嶽を見に行こう、節約絶景ドライブ、マネーゴーランド

国道331号をずっと走るだけで大丈夫

今回のドライブルートはとにかく簡単です。那覇空港でレンタカーを借りたら国道331号を反時計まわりに回るだけ。
絶景ポイントや観光スポットはすべてこの国道沿いに集まっています。
那覇空港を出ると国道331号は海沿いを走る道と内陸を走る道に分かれますが、どちらを通っても糸満市で合流するので心配はいりません。
糸満市街を通過すると、ひめゆりの塔が現われます。

沖縄で平和の尊さを学ぶ

太平洋戦争で犠牲になった沖縄県立第一高等女学校の生徒・教員のために建立された慰霊碑。
周囲にはひめゆりの塔以外にも多くの慰霊碑が建てられており、すぐ近くにはひめゆり平和記念資料館もあるので足を運んでみるのもいいでしょう。
あらためて戦争の悲惨さと平和の大切さが分かる場所です。

さらに国道331号を進むと、今度は沖縄県立平和祈念公園が見えてきます。
沖縄戦の終焉地として知られる糸満市摩文仁の丘陵が見える高台に作られた公園は、美しい海岸線が見えることでも知られています。
敷地内には平和祈念堂や平和の火、沖縄戦没者墓苑をはじめ50もの慰霊塔が建てられており、多くの観光客がここでも平和の大切さを学んでいます。

平和祈念公園を出てすぐ左側には、『うちなーファーム』があるので立ち寄ってみるのもおすすめです。
野菜畑やさとうきび畑、南国ワインなどが作られる観光農園ですが、園内には多くの動物がいて触れ合うことも可能。
レストラン利用であれば入園料はかかりません。

沖縄風天ぷらorもずくそばで小腹を満たす

『うちなーファーム』を出たら再び331号で進みます。しばらく進むと奥武島に向かう道が出てくるので、時間があれば立ち寄ってみてください。
周囲2kmほどの小さな漁師の島で、本島とは橋で結ばれています。
大きな観光スポットはありませんが、ここは沖縄風てんぷらで有名なお店があるので、ここで軽い昼食をとるのもおすすめです(ちなみに島に渡る手前にはもずくそばのお店もあり)。

さらに国道331号を進むと、地元の方ご用達の穴場ビーチがあります。
新原ビーチと百名ビーチは、沖縄らしい光景が見られるおすすめポイント。
新原ビーチは海水浴客のための施設が整っていますが、百名ビーチは自然のままなのでゆっくり過ごすことができます。
新原ビーチには有料駐車場がありますが、百名ビーチはいわゆる駐車場はありません。

大自然を全身で楽しめるおすすめスポット

百名ビーチを過ぎて少し進んだところに、おすすめスポットがあります。
垣花樋川と書いて「かきのはなひーじゃー」と読むのですが、ここはぜひ訪れたい場所。全国名水百選に選ばれた湧き水があり、右側の水路(樋)を男川(いきががー)、左側の水路を「女川(いなぐがー)」と呼んでいます。
深い森の中に囲まれた場所で断崖の中腹部にあり、遠くには海が見渡せるという絶好のロケーション。パワースポットにもなっているとか。

国道331号を一瞬離れると美しいニライカナイ橋が登場

垣花樋川を過ぎて国道331号をさらに進み、知念城跡を通り過ぎると県道86号との交差点が現われます。
目的地はこのまま国道331号を進めばいいのですが、ここで少しだけ寄り道してみましょう。
県道86号へ向かって左折するとすぐに急こう配がはじまり、いつの間にかニライカナイ橋を渡っていることに気づきます。助手席側には海が見え目の前にはヘアピンカーブが登場。
ヘアピンカーブを抜けてもまだまだ橋は上り続け、さらにトンネルに突入。
トンネルを抜けたところには展望所が用意されていますので、ここに車を停めて橋の全景を眺めるのがおすすめです。

知念岬の大絶景と世界遺産の静かなスポット

ニライカナイ橋で迫力のあるドライブを楽しんだら、Uターンして再び国道331号に戻ります。
ここから少し進んだところにあるのが知念岬公園。
太平洋の美しい大海原が眺められる知念岬の近くにある公園で、広い無料駐車場も完備されています。岬には展望台が完備されており、遊歩道を通って辿り着くことができます。

次は今回のドライブの目的地である斎場御嶽に向かうのですが、知念岬から徒歩で約10分程度なので、ここに車を停めて徒歩で向かうか、もしくは国道331号沿いにある道の駅「がんじゅう駅・南城」の駐車場(こちらも無料です)に停めて向かいましょう。
ちなみにこの道の駅では斎場御嶽の入場チケットも販売しています(斎場御嶽入口でも購入可)。

世界遺産にも選ばれている斎場御嶽は、足を踏み入れた瞬間に静謐な空気が漂う空間。
沖縄に数ある拝所の中でも最も神聖な場所とされています。途中には急な坂道や階段があるので、スニーカーなど歩きやすい靴を用意しておきましょう。

節約絶景スポット1 ニライカナイ橋

▼全長1200m、高低差70mのニライカナイ橋。遠くに海を望みながら迫力あふれるドライブが楽しめる名物コースです。
レンタカーで沖縄南部の世界遺産、斎場御嶽を見に行こう、ニライカナイ橋、マネーゴーランド

国道331号の吉富交差点を曲がって県道86号に入ると登場するニライカナイ橋。
山側にあるニライ橋と海側にあるカナイ橋という2つの橋から成り立っており、ニライカナイとは「桃源郷」という意味です。
2つの橋を合わせると全長1200mにもなり、その高低差は80mにもおよびます。

ニライ橋の頂上部には展望台が用意されており、ここから絶景を楽しむことができます。
山側から海側へ向かうときの景色が素晴らしく、目の前に青い海を望みながら、大きなヘアピンカーブを曲がって坂道を下る醍醐味を味わえます。
周辺にはお洒落なカフェも多く、ちょっとひと息つくのもおすすめです。

節約絶景スポット2 知念岬

▼沖縄らしい青い海と空を見渡せる知念岬。南部を代表する景勝地ですが、あまり観光客がいないのでのんびり過ごせます。
レンタカーで沖縄南部の世界遺産、斎場御嶽を見に行こう、知念岬、マネーゴーランド

南城市にある知念岬。どこまでも広がる沖縄の真っ青な海が大パノラマで見られる絶景スポットです。
岬の先端にある展望台のほかに観光スポットがなく、ゆっくりと時間を過ごしたい方には特におすすめ。
東を向いているので初日の出の名所にもなっています。

岬へは知念岬公園から遊歩道で向かうことが可能。
公園内には大きな無料駐車場があり、近くには世界遺産の斎場御嶽があり、岬から振り返るとニライカナイ橋を眺めることができます。

節約絶景スポット3 斎場御嶽(せーふぁうたき)

▼斎場御嶽の最も奥にある三庫理。最も格式の高い拝所とされている場所です。
レンタカーで沖縄南部の世界遺産、斎場御嶽を見に行こう、知念岬、マネーゴーランド

琉球開びゃくの伝説にも登場する斎場御嶽。御嶽(うたき)とは聖地の総称で、この斎場御嶽は沖縄に数ある御嶽の中でも最も神聖な地とされています。
ちなみに斎場(せーふぁ)とは最高位をあらわしています。
敷地内には多くの拝所がありますが、最も奥にある三庫理に最も格の高い拝所があり、ここから久高島を遥拝することができます。
2000年には世界遺産に登録されています。

かつて拝観は無料だったのですが、世界遺産の登録に伴い来訪客が増加。
そのため2007年からは有料化されています(大人300円)。駐車場は国道331号沿いのがんじゅう駅・南城もしくは知念岬公園を使いましょう。
どちらも無料で駐車することができ、斎場御嶽までは徒歩で約10分程度の距離です。

節約テクニック

レンタカーで沖縄の絶景スポットをめぐるドライブガイドも今回が3回目。
沖縄というと恩納村や名護市など中北部に足を向けがちですが、意外と南部も良いもの。
那覇市内や空港からアクセスがしやすく、観光スポットがコンパクトにまとまっているので回りやすいのが魅力です。

今回もなるべく節約してドライブを楽しめるよう、入場料のかからない絶景スポットを集めてみましたが、斎場御嶽は300円を払ってでも足を運ぶ価値があります。
地元の方にとっては神聖な場所であり、沖縄随一の拝所でもあるので決して騒がず静かに参拝しましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。