プログラミングを学ぶなら?「独学VSスクール」徹底比較してみました

3

読了目安[ 3 分 ]

今、自己投資として勉強を始めるのであれば、何を始めますか? 資格の取得や会社の試験など様々な自己投資が考えられますが、将来的に仕事に困らないためには、プログラミングの効果はとてもあると言えるでしょう。

しかし、プログラミングと聞くとそれだけでパソコンに詳しくないから無理だ!と感じる人も多いですし、独学したけれど挫折したという人もいます。そこで今回はプログラミングをするには独学とスクールのどちらが良いか考えてみました。

スクールのメリット

スクールのメリットとしては、やはり教えてくれる人がいるということです。プログラミングを勉強する際、プログラムを書く前の作業で開発環境を整える段階で挫折してしまう人もいるのが事実。

ですから、そのような最もつまずきやすい初期段階から講師がいて指導してもらえるのは非常にメリットが大きく、学びやすいといえるでしょう。また、飽きっぽいという人も毎週決まった日にプログラミングをすることになるので、続けられるという面でもおすすめできます。

また最近では無料でプログラミングを学べるスクールもあるため、「IT時代を生き抜く!“無料でプログラミングを学べる”サービス3選」で紹介しているようなところを選択するのも良いでしょう。

独学のメリット

一方で、独学のメリットは時間的、費用的に自由が大きいということです。スクールに行く時間がない!という方でも問題なく学習できますし、スクールと違って費用は0円で済みます。

最近ではプログラミングを学ぶためのサービスが充実してきたこともあって、独学であってもプログラミングを始めることはできます。自分の作りたいものが明確にあると、どの言語を学ぶか? ということも考えやすいので、そのような方には独学がおすすめであると言えるでしょう。

プログラミングを学ぶ上で

一言にプログラミングといっても、目的によって学ぶ言語は大きく異なります。スクールで学ぶ方も独学で学ぶ方も、まずは「自分で何を作りたいのか?」「何を習得したいのか?」を考えるとプログラミングを効率よく学ぶことができるでしょう。

参考:「今、自己投資するならプログラミング!勉強する価値はどれほど大きい?」

少しハードルは高く感じるかもしれませんが、安定した将来を手に入れたい!自分で作りたいものがある!という方は、ぜひプログラミングを学んでみて下さい。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。