夏休みの宿題からお金のことも考えよう【親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ】

2

読了目安[ 5 分 ]

子どもにお金の大切さを伝えるためには、親子の日頃のコミュニケーションが欠かせません。つづみくん一家の日常の一部を切り取って、どんな風にお金の話をしているか覗いてみましょう。

【つづみ、夏休みの宿題が終わらない】

つづみ:もうすぐ夏休みが終わっちゃうなあ…。

ママ:あっという間だったわね。あ、つづみ、宿題は終わったの?

つづみ:…

ママ:あれ?どうしたのかな?

つづみ:(涙目になって)どうしよう。全然やってないかも。ママ、終わらないかもー!

ママ:あれ?夏休み最初の頃、頑張っていたのに…。困ったわね。

【残っている宿題の量を知ろう】

ママ: じゃあまず、今どのくらい残っているか調べてみようか。全部出して、紙に書いてごらん。

つづみ:うん。今残っている宿題は…これと、これと…。

ママ: 次に、どのくらいずつ時間がかかるか、今書いたリストの横に、それぞれ書き出してみよう。

つづみ: (書く)

ママ: どう?何かわかった?

つづみ:うん。思ったよりたくさんはなかったよ!でも、あとちょっとしか夏休みがないから、できるか不安・・・。

【あと何日あるか調べる】

ママ:「ちょっと」って言うけれど、あと何日あるの?

つづみ:えっと、今日は8月23日だから…8日。

ママ:8日間全部宿題するのに使えそう?

つづみ:うーん。1日はママとパパとかのんと遠くにおでかけするから、全部は使えないなあ。7日間かな。

ママ:そうだね。じゃあ、さっきのリストに書いてある宿題を、7日間でどのようにやっていけばいいか、計画しよう。

つづみ:うん。えっと…(書いていく)。わあ!ママ!がんばればできそうだ!よかったー!

ママ:よかったわ!

【残っている量や時間を知ると不安が減る】

ママ:つづみは、本当は残っている宿題がどのくらいあるか見たくなかったでしょ?でも、だからどんどん不安になっちゃったのよね。

つづみ:そうなんだ。見たくなかったけど、見てみたら不思議と安心したしやる気になったよ。

ママ:こういう不安ってね、やらなきゃいけないことがどのくらいあるのかっていうことと、残っている時間がどのくらいあるか「知る」ことが、大事なのよ。実は、お金もおんなじなの。

【時間とお金は共通点がいっぱい】

つづみ:え?お金も?

ママ:そう。今残っているお金がいくらかっていうことと、いつまでやりくりしないといけないか、っていうことと、を「知る」ことが大事なの。

時間もお金も、いくらでも降ってくるものじゃないから、先のことまで考えて大切に使わないと、なくなって困っちゃうっていう共通点があるのよ。

つづみ:へー、時間とお金って似ているんだねー!

<時間とお金の共通点>
・ 限りがあること
・ 残りの時間やお金をいつも意識するのが大事
・ 残りの時間やお金で、やることや買うものを計画するのが鍵
・ 残りの時間やお金を「知る」ことで不安が減る

<登場人物>

つづみくん:小学2年生。都内で両親と妹と住んでいる。どんなことにも興味を持つ好奇心旺盛な元気な男の子

パパ:会社員。大好きな家族のために毎日仕事をがんばるパパ。つづみくんと一緒にサッカーをするのが大好き

ママ:専業主婦。つづみくんの「どうして?」攻撃にどう答えれば良いか悩むママ。下の子が小学校に入ったらパートに出たいと思っている。

かのんちゃん:幼稚園年中。お兄ちゃん大好きの明るい女の子。

<これまでの話>
第15話 ぼくたちが決める!おでかけプラン
第14話 お金を貯めることってえらい !?
第13話 モノのやり取りで大失敗
第12話 はじめてのおつかい
第11話 園児から始めるお小遣い
第10話 お小遣いの渡し方
第9話 お小遣いの値段の決め方
第8話 お小遣いを始める
第7話 「消費税」って何?
第6話 「旬」って何?
第5話 欲しいモノと必要なモノ
第4話 利子ってなに?
第3話 ぼく専用の口座を作る
第2話 お年玉って何に使えば良いの?
第1話 どうしたらお金ってもらえるの?

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。