週明け、100円割れの試金石! 【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

1

読了目安[ 4 分 ]

8月第3週の見通し(2016/08/15)

為替アナリストの岡安盛男です。毎週月曜日にお届けしている『初心者でもわかる今週の為替市場』。今週も宜しくお願いします。

「米国経済指標の悪化でドル安円高リスク燻ぶる」

先週末のNY時間に発表された米国7月小売売上高や卸売物価指数が予想を大きく下回ったことでドルは全面安の展開となりました。
それまで102円台前半で底堅い動きが続いていたドル円もこの結果100円84銭まで下落。引けにかけて買い戻しが入り辛うじて101円台前半をキープしましたが、上値の重さを確認した格好となりました。

市場はこの経済指標の悪化からFRBによる年内利上げが難しくなったとの判断からドル売りに傾きました。しかし、NY株式市場は先週一週間を通してNYダウやS&Pは史上最高値を何度か更新するなど、堅調な地合いが続いています。また、一時1バレル40ドルを割り込んだ原油価格も44ドル台に上昇するなど、市場に安心感が広がりました。

先週末から日本勢はお盆休みに入ったトレーダーが多く見られました。世界的にみても既に夏休みに入ったところが多く、市場の流動性(取引額)は大分低下し始めています。そんな状況下でちょっとした材料が出ると市場は過剰に反応しやすくなるものです。
先週末のドル安もそのような状況下での動きとみることが出来ます。

しかし、ドル円に関しては常に円高リスクが燻ぶることから、投機筋にとってはドル売りを仕掛け安い地合いとみるでしょう。
ドル円の100円というレベルは心理的にも非常に重要になります。このレベルを下抜けしてしまうと当面円安には戻らず、95円付近まで一気に円高が進んでしまうのではという見方も多く聞かれます。市場はセンチメントによって同じ指標などでも全く異なる反応を示すようになります。
市場に悲観的な見方が広がっている時にはちょっとした悪材料でも大きく売られてしまいます。反対に、楽観的な見方が多い時には悪材料には殆ど反応せず、寧ろ買いを入れてくることも多く見られます。
先週の市場をみると株式市場や原油市場は堅調なだけに楽観的な見方の方が多いように見られます。

今週は先週末のNY市場の流れを継いでドル円は上値の重い展開で始まると予想され、週初ドル円は売られやすい状況で始まりそうです。しかし、このような薄商いのなかではどちらかに大きく動いたとしても、最終的に元のレベルに戻ってしまう事がよくあります。
今回も、特に市場が悲観的に偏っているわけではありません。一旦ドル円が下落したとしても100円台の底堅さが確認されれば、買い戻しが入る「往って来い相場」になりやすいものです。
一方的な見方に偏らないようにしたいものです。

【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】、来週も宜しくお願い致します。
▼30秒でわかる!8月第3週、今週の為替市場の見通しはこちら!

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。