相続手続きが簡単に!金融機関ごとの面倒な手続きから解放される!

1

読了目安[ 2 分 ]

法務省の発表によると、遺産相続手続きを簡素化するために相続人全員の氏名や本籍地など戸籍関係の情報が記載された証明書が2017年春から発行されることになりました。

これまでの相続

これまでは不動産や、預金の名義を相続により変更する場合、被相続人の膨大な戸籍関連書類や相続人全員の戸籍情報を各機関に提出し、それぞれチェックを受ける必要がありました。審査にも時間がかかる上に、機関によって提出する書類が違ったりなど非常に手間がかかりました。

これからの相続

必要書類を集めて一度法務局に提出をすると、そこで発行される証明書1通があれば名義変更の手続ができるようになります。

相続手続きを経験したことのある人にしかわからないかもしれませんが、これは画期的なことです。各金融機関がそれぞれ同じ作業を行っていることや、地方の不動産では評価額の低いものは相続手続き自体が放置されそのままになっていたりと、手続きの面倒さ、非効率さゆえの問題も起こっていました。

戸籍集めの作業は今後も必要ではありますが、高齢化が進む日本において、一度すべての関連書類を集めることができれば、その後は1通の書類にまとまるだけでも大きく労力は変わるでしょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。