祖父母や両親、友人、上司など相場はいくら?香典の書き方と渡し方

読了目安[ 3 分 ]

学校を卒業し、晴れて社会人になった時に作っておきたいもののひとつに、きちんとした喪服や礼服があります。

改まった席ではそれなりの服装が求められますし、恥ずかしくない振る舞いができることは、一人前の社会人として身につけておきたいスキルです。

今回は、法事の香典に関する基本的なことをお話します。

香典の表書きは宗派によって違いがある

訃報(ふほう)は突然あるものです。通夜や告別式の日取りと場所を聞いたら、次に確認しておきたいのは宗派です。

仏教、神教、キリスト教では香典の表書きが異なります。

宗教毎の香典の表書き
仏教|御霊前、御香料
神教|御玉串料、御榊料
キリスト教|御花料(プロテスタント)、御ミサ料(カトリック)

宗派に関わらず用いられるのは「御霊前」ですが、蓮の花の絵が描かれているものは仏教専用ですので気をつけましょう。

香典袋を用意したら、会葬者(葬儀に参列する人)の名前を書きます。黒々とした文字は不向きです。薄墨を用いましょう。これは「悲しみの涙で文字がにじんでいる」という気持ちを表しています。

香典の相場

香典とは、故人を供養する気持ちです。香典は、故人との親しさに比例するため、お付き合いが深ければ金額も多くなります。香典の相場は次の通りです。

故人と香典の相場
祖父母|1-5万円
両親|3-10万円
兄弟姉妹|3-5万円
親戚|3000円-3万円
友人・知人|5000円-3万円
その家族|3000円-1万円
職場の上司・同僚・部下|5000円-1万円
その家族|3000円-1万円
隣近所|3000円-1万円

ただし、家族や地域で考え方が異なることでもありますので、他の列席者と話し合ってバランスをとることが大切です。

また、死や苦を連想させる、4、9のつく金額は避けましょう。数人でまとめて「○○一同」として香典を包むこともできます。

お札ですが、新札を使ってはいけません。まるで不幸の用意をしていたようだからです。逆に汚れているお札や、シワだらけのお札も失礼にあたります。二枚以上のお札を包む場合は、向きはそろえて入れましょう。

香典の渡し方

香典は、通夜か告別式のいずれかに持参すればよいのですが、どちらにも参列する場合は、通夜の時に渡しましょう。

翌日の告別式では、受付で通夜に参列したことを言えば大丈夫です。どちらにも香典を渡すことは、不幸が重なることを意味するので控えましょう。

用意した香典は、袱紗(ふくさ)に包んで持参するのが正式です。

受付でお悔やみの言葉を述べ、記帳をします。住所と氏名を丁寧に書きましょう。それから香典を取り出し、相手側から表書きが読める向きにして手渡しします。

受付を済ませたら一礼をして、指示に従い会場に入ります。

通夜、告別式は、故人とのお別れの儀式です。マナーを守ることは、故人を悼み、送り出す側の真心を伝えます。決して表面的な形式だけのものではないことを忘れずに、心をこめて参列しましょう。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。