勝手にコスパランキング!お盆やすみ期間の帰省で一番お得な交通手段は?「東京ー札幌」編

読了目安[ 3 分 ]

東京から新函館北斗まで北海道新幹線が開通した2016年。飛行機や寝台列車などの帰省手段に加わった新幹線ですが、コストパフォーマンスではいったいどのくらいの順位にランクインするのでしょうか?

「勝手にコスパランキング!一番お得に帰省するなら?東京ー福岡編」同様、東京から札幌へ1人で帰省するとして、今回は「電車(新幹線、在来線それぞれ)」「飛行機」「夜行バス+電車」の3つの交通手段(片道)で、お盆休みの期間に利用した場合について調べてみました。

所要時間の速さや費用の安さ、混雑具合など、様々な点で評価していきたいと思います。

東京―札幌間の交通費と所要時間は?

新幹線+特急の場合

交通手段 新幹線 東京〜新函館北斗
特急 新函館北斗〜札幌
交通費 合計 31,100円 新幹線は指定席、特急は自由席
所要時間 合計 7時間42分 乗り換え時間含まず

飛行機(LCC)+電車の場合

交通手段 飛行機(LCC) 羽田〜新千歳空港
快速電車 新千歳空港〜札幌
交通費 合計 36,760円
所要時間 合計 2時間22分 乗り換え時間含まず

夜行バス+電車の場合

交通手段 夜行バス
(3列独立シート)
東京〜青森駅
電車 青森駅〜新青森駅
新幹線 新青森駅〜新函館北斗
特急 新函館北斗〜札幌
交通費 合計 24,100円
所要時間 夜行バス 約9時間35分
電車 5時間07分
合計 15時間00分

決定!東京―札幌、帰省のコスパランキング

最下位は移動時間が15時間という長丁場の帰省

今回の最下位は夜行バス+電車での帰省となりました。まず、移動時間が15時間と大変長丁場になってしまうわりに、新幹線利用と費用があまり変わらないというところでコスパがよくないと判断しました。10時間近く夜行バスにゆられ、そこからさらに5時間電車の旅は体力的にかなりつらいでしょう。青森で1泊しても良さそうです。

第2位はトータルコストでは高いものの所要時間がポイント

第2位は飛行機(LCC)+電車での帰省でした。トータル36,000円と3つの手段のなかで最も費用のかかった、飛行機(LCC)+電車。その分所要時間は2時間22分ととても短く良いのですが、やはり費用が高くなるところは否めません。ただし閑散期を利用するなら航空代金がもう少し抑えられて、コスパがよくなるかもしれませんね。

第1位はトータルコストでは高いものの所要時間がポイント

新幹線+特急が最もコスパの高い帰省手段でした。前回の福岡編では最下位だった新幹線ですが、今回は第1位にかがやきました。まず、費用が約3万円と高くもなく安くもなく、中間的な金額です。所要時間だけは8時間弱かかってしまうのでかなりネックなのですが、こちらは開通したばかりの北海道新幹線に乗車できるというプレミアを加味しました。最新設備の車両で青森から北海道へ渡る興奮を考えると、一種のアトラクションではないでしょうか。

新幹線と飛行機は人によって好みの差があるかと思いますが、独断と偏見で勝手にランキングしてみました。それにしても、東京から札幌への帰省は一筋縄ではいきませんね。遠いし、費用もかさむし…。ただ、お盆とお正月、どちらかでもよいので、年に1度は帰省して親孝行されてくださいね。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。