【家計をガッツリ見直す】「挫折しない家計簿づくり」3つのポイント

1

読了目安[ 4 分 ]

「なかなかお金が貯められない…」とお悩みの方に、まず家計の見直しのため、3か月間でいいので家計簿を付けてみようという話をしました。3か月間とはいえ、続けるのは大変なことですよね。

誰もが抱く「家計簿を続けられない」悩み

FPである筆者は、ライフプランセミナーの講師として、各地の企業や自治体などで年金や保険、教育費、老後資金の話をすることがありますが、参加者の方から「将来のためにライフプランを考えることが大切なのはわかった。お金を貯めなければいけないこともわかった。家計管理の大切さもわかった。でも、そもそも家計簿を付けても続かないんです…」というご相談をよく受けます。

家計の改善のために大切なのはまず支出を把握すること。とはいえ、一年の初めに真新しい家計簿を買って、「今年こそはがんばるぞ!」と思っても、きちんと書こうとすればするほど続かない。わかります…。なぜなら、若かりし頃の筆者自身がそうだったから。

「挫折しない家計簿」ポイント1:エクセルを利用してみよう

いくら素敵な家計簿でも、項目が細かくてどこに何を書けばいいのかわからなかったり、月末に電卓で集計したりするのもかなり大変です。几帳面な人ほど深みにはまってしまいます。それに、そもそも手書きするのが面倒という人も多いのではないでしょうか?

無理なく続けられる家計簿は、人によって違うかもしれません。が、ここで紹介したいのは、パソコンが得意な方におススメな、エクセルを使った家計簿です。筆者自身もエクセルで作ったオリジナルの家計簿を使っています。

月ごとにシートを追加していきますが、費目は分類に迷わないように最低限にし、入力の頻度は週に1〜2度。ある程度レシートが貯まったらエクセルに金額を打ち込んでいきます。カード払いの控えは引き落とされるまでノートに貼っておきますが、それ以外のレシートはそのままごみ箱に。

集計を自動計算されるようにすれば、これまでつかった金額も、その月内にあとどれくらい使えるかもすぐにわかり、「食費をちょっと抑えよう」「欲しい洋服は来月までガマン」など工夫もしやすくなります。

「挫折しない家計簿」ポイント2:費目は細かくしない

オリジナル家計簿を作る場合、まずは固定費と変動費の欄を作ります。固定費は、以下のように毎月必ず一定金額が出ていくものです。
・家賃、住宅ローン
・水道光熱費など公共料金
・通信費
・保険料

変動費は以下のようなもので、これをやりくりすることが家計改善のポイントです。
・食費(※外食費は分けておくことをおすすめします)
・日用品費(薬局や100円ショップなどでの買い物)
・教育費(こどもの習い事や教材など)
・娯楽費(レジャーや教養、書籍代など)
・医療費(確定申告にも必要なのでレシートはしっかり保管!)
・車両費(車がある場合)
・交際費(お付き合いや冠婚葬祭にかかわるもの)

あとはみなさんの家計に合わせて、ペット代や美容代など項目を追加しましょう。

「挫折しない家計簿」ポイント3:レシートを持ち帰る

コンビニに行くと、レジの横に山になったレシートが置いてあります。多くの人はレシートを持ち帰らないのですね。でも、家計簿を付けようと思ったら、まずはレシートを受け取るところから始めましょう。

上述しましたが、レシートがたまったと思ったら週に1〜2度家計簿に記入する時間を作り、記入後はすぐに処分してOKです。

家計簿をつけるようにするとお金の管理が上手になり、使いたいところと締めるべきところのメリハリがつけられるようになると思いますよ。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。