当選金1億円でも手元に残るのは半分!? 宝くじと税金を税理士が解説

読了目安[ 5 分 ]

宝くじを購入する人は、いくら夢を買っていると言っても外れれば悔しいですし、当たれば嬉しいですよね。

特に当選金額が大きいジャンボ宝くじ、LOTO、totoなど人気が高い宝くじを購入する場合、「もし、1億円当たったら……。」という妄想は誰もがするものです。

そんな、人々に夢を見せてくれる宝くじですが、もし高額当選した場合、税金はいくらかかるんでしょうか。

現在、一般的な収入に対する最高税率は所得税が45%に住民税10%を合わせた55%で、課税所得金額4000万円超に適用されます。もし、1億円当たったら課税所得は確実に4000万円を超えます。

今回は、高額当選をしたお金にかかる税金はいくらになるかについてお話します。

宝くじの当選で確定申告は必要?

多くの方がご存知かと思いますが、宝くじで当たったお金は「当せん金付証票法」で非課税所得と定められています。

そのため、宝くじで10万円当たっても、1億円が当たっても、そのお金から所得税や住民税を払う必要はありません。宝くじの当選金に対して税金を払う必要がないということは、確定申告をする必要もありません。

しかし、宝くじと税金がまったく関係がないわけではありません。みなさんしっかり税金に絡んでいますので、以下で確認していきましょう。

宝くじにかかる税金は? 翌年の税金は多くなる?

実は、宝くじを購入した人は、全員税金を払っています。しかも、税率はなんと40%!

これは、宝くじの購入金額の40%が住民税として地方に納められているためです。1枚300円の場合、300円×40%=120円がその地方の税収になります。そのため、宝くじ売り場には、「宝くじは地元で買いましょう」という案内があるんですね。

参考|宝くじの売上は何に使われる?未換金の時効当せん金額の推移と用途

宝くじの運営元は、地方自治体によって結成された「全国自治宝くじ事務協議会(全国協)」です。

この事実を知っている人からは、宝くじは購入時点で40%税金がかかること、払戻当選金率が45.7%という低さ、当選確率も低いことから、「愚か者の税金」などと揶揄されることもあります。

ちなみに、宝くじの販売額100に対して、税金40、当選金(払戻金)45、販売店の手数料15という割合で販売計画が立てられています。

つまり、課税する側からすれば、当選金45に最大40%の課税をするよりも販売額100に40%の課税をした方が、税収が圧倒的に多くなるということです。

当選金を人にあげると贈与税がかかる?

「宝くじが1等あたったら半分あげるよ。」など冗談半分で言う人もいますが、幸か不幸か世の中にはそれが現実になる人もいます。

もし、約束通り当選金の半分をあげることになった場合、たとえそれが家族でも110万円を超えたお金に関しては、もらった人に贈与税が発生します。

ちなみに、1億円当たって家族に半分の5000万円を渡すと贈与税額はおよそ2050万円!残りは2950万円です。もし、他人にあげた場合の贈与税は、およそ2300万円!残りはたった2700万円です。

「お前には苦労をかけたから、大切に使ってくれ。」と奥さんに渡したお金が、いきなり2000万円以上なくなってしまうという何とももったいない話……。

しかし、せっかく当たったお金をそのまま死ぬまで持っていても仕方がないので、物を買ったり資金運用したりとお金は動くものです。

たしかに、宝くじの当選金は非課税なので税務署のチェックはありませんが、上記の贈与税、物品サービス購入時の消費税、不動産取得税等、資金運用益に対する所得税など、様々な税金はかかります。

そして、使い方や動かす金額が大きいほど、相続が絡む際の税務署のチェックは厳しくなるでしょう。

贈与税の支払いを回避する対策は?

ちなみに、「当選金の一部をどうしてもあの人にあげたい!」という場合、共同購入という方法があります。

高額当選金を受け取る際に、当選金をあげたい人といっしょにみずほ銀行に行き、「共同で宝くじを購入したので、当選金も共同で受け取りたい。」と申し出る方法です。

これにより、それぞれの銀行口座に指定の金額が振り込まれるため、贈与税を回避することができます。

しかし、まだ安心はできません。一度に多額の入金があると、相続発生時や個人の税務調査がある場合に、税務署から「このお金はどうしたんですか?」と聞かれる場合があります。

その際、口頭だけで「宝くじが当たりまして……。」といってもにわかには信じてもらえず、誰かからの贈与では?と疑われてしまう場合があります。

そこで重要になるのが「当選証明書」です。

当選証明書は銀行が発行してくれるものですが、これを保有しておけば当選金である証明は簡単にできます。

特に共同購入で当選金受け取りの手続きをした場合、受取った人は全員この証明書をもらっておく必要があります。

当選金は賢く使うべし

以上のように、下手な動かし方をすると思わぬ税負担が出てしまうことがあるのでご注意ください。

と言ってもジャンボ宝くじの場合、1等は1ユニットに1本なので1000万分の1です。つまり、0.00001%……。これは交通事故による死亡や地球が滅亡する隕石が落ちる確率より低いそうなので、無用の心配かもしれませんね。

ユニットとは宝くじの販売単位のことです。100000-199999を1組として、それを100組つくることで1ユニットになります。宝くじの販売枚数が多ければユニット単位で販売枚数を増やし、少なければユニット単位で販売枚数を減らします。

万が一宝くじの高額当選をしても、それによって人生を狂わせてしまわないために以下を参考にしてください。

参考|宝くじが当たったら不幸になる?高額当選で人生が破滅しない方法

また、当選金の使い方も重要です。貯金をするもよし、使い切るもよしですが、賢く投資をして次の世代に資産を残してあげることも考えてみては?

参考|宝くじ7億円が当たったときの理想の資産運用とは?元銀行員FPに相談

宝くじの当選確率を上げる!おすすめ関連記事

  1. 宝くじで億万長者になる方法はある?高額当選者10の共通点とは
  2. 宝くじ当選確率を上げたい!購入から抽選までにすべき3つのこと
  3. 10億円当たるかも!高額当選を輩出する関東関西の宝くじ売り場16選
  4. 2017・2018年の一粒万倍日は?お金が万倍に増える縁起が良い日
  5. 2017・2018年の巳の日、己巳の日は?金運最高な弁財天のご利益日
  6. 宝くじが当たった人2割!100万円以上6%!高額当選確率は意外と高い?
  7. 当選確率が上がる!totoBIGで6億円が当たる人の9つの法則

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。