米国雇用統計の結果を受けドル円は底堅い動きに! 【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

1

読了目安[ 4 分 ]

8月第2週の見通し(2016/08/08)

為替アナリストの岡安盛男です。毎週月曜日にお届けしている『初心者でもわかる今週の為替市場』。今週も宜しくお願いします。

「米国雇用統計の結果を受けドル円は底堅い動きに」

先週末に発表された米国7月雇用統計は予想を大きく上回る好結果となりました。
注目の非農業部門雇用者数は前月から25.5万人増となり、予想された18万人増を大きく上回りました。また、6月と5月分も上方修正されたことでドルは発表後全面高となりました。発表前には101円付近でもみ合いが続いていたドル円は101円ミドルまで50銭近く上昇。この結果にしては上昇幅が思ったよりも小幅という感じでしたが、その後も買いが強まり102円台に乗せてきました。それはNY株式市場が予想外に上昇したためです。市場はFRBが再び年内に利上げを実施するのではといった観測が浮上。それは株式市場にとってはネガティブ材料として捉えられるものです。しかし、予想に反して株価がしっかりとしていたことからリスク選好の動きがドル円を押し上げることになりました。

ドル円は米国GDPの悪化や、日銀金融政策の限界説もあり円高リスクが燻ぶる中で、100円割れを相当意識していました。今回の雇用統計が少しでも予想を下回るようなら再度100円割れを試す展開が十分考えられる状況でした。
結果は米国GDPの悪化による懸念さえも吹き飛ばすようなインパクトのあるものでした。

先週はBOEの政策会合も開かれ、予想以上の大胆な追加緩和が実施されました。来年は英国とEUとの離脱交渉が始まることから、経済見通しは大きく下方修正されました。だからこそ、BOEは先手を取って大胆な緩和政策を打ち出したと考えられます。これを受け、欧米株式市場は上昇しました。ブレグジットによる将来的な懸念は後退したことや、米国経済の力強さが示されるなど、市場には安心感が戻り始めました。

今週は特に目立った材料はありませんが、この流れを継いでドル円は底堅い動きが予想されます。ただ、今週あたりから世界的に夏休みに入るところが多くなりそうです。
特に、今月最も注目された米雇用統計というビッグイベントが終了したことで、休みに入る為替担当者が増えそうです。市場参加者が少なくなると通常為替市場は夏枯れ状態となり動きが鈍くなります。ところが、このような相場の時ほどいきなり大きく動きだすこともあります。これまで8月というのはどちらかといえばドル円は売られることが多く見られました。
先週の動きをみると一先ず100円割れを回避したことで今年の夏は円安に振れる可能性もあります。
油断大敵と言いますが、皆さんもご自分のポジションには十分注意してください。

【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】、来週も宜しくお願い致します。

▼30秒でわかる!8月第2週、今週の為替市場の見通しはこちら!

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。