甲子園開幕!無料席があるって知ってた?「夏の甲子園」観覧料リサーチ

読了目安[ 2 分 ]

甲子園ファン以外にはあまり知られていないかもしれませんが、甲子園には観戦料がかかります。

今回は、甲子園を観戦する場合にかかるチケット代と、それぞれの席の特徴をまとめてみました。自身の楽しみ方を考慮して、チケット選びをしてみましょう。

甲子園の観戦料金まとめ

『日本高等学校野球連盟』の昨年の観戦料によると、甲子園球場の場合はエリアでチケットの金額が分かれています。
当日券は中央特別自由席で【一般・こども:2,000円】、1・3塁特別自由席で【一般:1,500円 こども600円】、1・3塁アルプス自由席だと【一般・こども:600円】、そして外野席は無料です。

席それぞれのメリットと特徴

最も高い中央特別自由席はバックネット裏に位置している席ですが、ピッチャーが投げるその瞬間を観戦することができる特別な席で、やはりファンにはたまりません。
また、1・3塁特別自由席ですが、ベンチに近い席なのでそれぞれのチームメンバーと一緒に応援しているような臨場感があります。

なお、1・3塁アルプス自由席ですが、ここは1・3塁特別自由席よりもさらに臨場感がある場所といえるでしょう。
それぞれの高校の応援団や地元の人たちと一緒になって応援できる席です。大声を出しながら甲子園を楽しむことができます。

最後に外野席ですが、こちらは当然場所的には観戦しづらくはあるのですが、その分気楽に甲子園を楽しめます。
甲子園の雰囲気を感じつつ、友人や家族などと楽しみたい人にはお勧めです。何より無料なのはお得ですね。

夏の風物詩とも言える甲子園。
格安で、球児たちの熱い戦いを観戦できますから、これまで甲子園に行ったことがない方もぜひとも行ってみることを検討してみてください。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。