高級ブランドは16万円!「ランドセルの相場2017」目安はいくら?

9

読了目安[ 3 分 ]

いよいよランドセルの販売や予約が開始される時期がやってきました。近年激しさを増している、ランドセル争奪戦。来年の春から小学生になるお子さんがいらっしゃるご家庭は、今のランドセル事情が気になるところではないでしょうか。

専門ブランドのみならず、人気のファッションブランドからも続々と登場しているランドセル。今回は、今どきのランドセル事情とその相場をご紹介します!

今どきランドセル事情!2017

近年では、おしゃれでデザイン性のあるランドセルが数多く登場しています。女の子のトレンドは、単色でなく2色使い(コンビカラー)で、光沢感のあるパールカラーのランドセル。男の子も、単色ではなく黒やネイビーと組み合わせたコンビカラーが人気で、注目なのが、シルバーのランドセルが続々と登場していることです。

また、素材や機能性も各ブランドのこだわりがみえるポイントです。A4フラットファイル対応や背カン、肩ベルト、ランドセルの軽量化など、見るべきポイントはたくさんありますので、何を重視するかを決めておくとよいでしょう。

さらに、近年はランドセル争奪戦が激化しています。人気の専門ブランドのランドセルは、一昨年までは秋頃まで購入できたものの、昨年は8月中旬には完売してしまうところがでてくるほど。お目当てのブランドがあれば、すぐに購入準備をはじめたほうがよさそうです。

ハイブランドから定番まで!ランドセルの相場

ランドセルの価格帯は、とても幅広く、どんなブランドを選ぶかで大きく違ってきます。こちらでは、ハイブランド、老舗ブランド、『イオン』や『ニトリ』などの流通ブランドの3つにわけてご紹介します。

・ハイブランド
7月15日に『ディーゼル』から限定100個の記念ランドセルが発売されました。お値段は、165,000円(税抜)。ヌメ皮やガンメタルをほどこした、こだわりのランドセルとなっています。また、皇室御用達の老舗鞄メーカー『大峡製鞄』のランドセルは、最高峰モデルで160,000円(税抜)と、16万円前後がひとつの相場となっているようです。

・老舗ブランド
職人がひとつひとつ手作りでつくるこだわりのランドセルを選ぶなら、『土屋鞄製造所』『池田屋カバン店』『鞄工房山本』といった老舗ブランドのランドセルです。手縫いで本物志向のランドセルは人気が高く、8月末には売り切れてしまうところも。価格は、7万円~9万円が相場です。

・流通系ブランド
『イオン』や『ニトリ』などの流通系のブランドでは、軽量化や大容量など注目ポイントが各社で異なり、また、材質などで専門企業と共同開発をしているなど、品質向上にも積極的です。価格は、3万円~5万円が相場で、格安のものだと2万円代で購入できるものもあります。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。