扇風機併用は4位!みんながやってる「エアコン代節約テク」BEST5発表

読了目安[ 3 分 ]

夏場にどうしても高額になってしまう冷房の電気代。
少しでも抑えようと巷にはさまざまな節約テクニックがあふれていますが、最も多くの人が行っているエアコン代の節約法はどんなものなのでしょうか?

そこでマネーゴーランド編集部では、エアコンの使い方に関するアンケートを実施。
その結果を見ながら、多くの方々が行っている節電テクニックをランキング形式でご紹介します。

5位:エアコンの風向き

エアコンの風向きは「特に決めていない」が最も多く34.9%。
次いで「スウィング(28.8%)」「上向き(16.8%)」「下向き(11.6%)」「真ん中(7.9%)」となりました。

Q:エアコンの風向きはどのように設定していますか?

みんながやってる「エアコン代節約テク」BEST5、マネーゴーランド意識調査

冷たい空気は部屋の下の方に、暖かい空気は上の方にたまるものです。
だから効率よく部屋全体を涼しくするためには、エアコンの風向きが重要
スウィングを使えば自然と部屋の空気全体が循環するし、扇風機を併用することも有効です。
もしもあまり風向きを考えずに冷房を使っていたのなら、そこを見直してみましょう。

4位:扇風機の併用

エアコンと扇風機またはサーキュレーターを併用している人は49.0%となり、ほぼ半数が併用している実態が明らかとなりました。

Q:エアコンと扇風機やサーキュレーターを併用していますか?

みんながやってる「エアコン代節約テク」BEST5、 マネーゴーランド意識調査

エアコンの風向きの部分で、部屋の空気を循環させることが大切と解説しましたが、そのためには扇風機やサーキュレーターを併用するのはとても効率的。
扇風機のやわらかな風の方が体にもやさしいというメリットもありますね。

3位:電源ON/OFFのタイミング

エアコンのスイッチをこまめに消したりつけたりしている人は48.0%で、行っていない人は52.0%でした。

Q:エアコンのスイッチはこまめにオンオフをしていますか?

みんながやってる「エアコン代節約テク」BEST5、 マネーゴーランド意識調査

冷房は、電源を入れて起動したときにたくさん電気を必要とすると言われています。
そのため、節電のつもりでスイッチをこまめに消したりつけたりしても、それは逆効果になっている可能性があり。
頻繁に電源のオンオフを繰り返さないことは、節約テクニックのひとつです。

2位:風量設定

エアコンの風量については、自動運転にしている人が54.9%と最も多く、「微風」「弱風」をあわせて約3割となりました。

Q:エアコンの風量設定は普段どの状態にしていますか?

みんながやってる「エアコン代節約テク」BEST5、マネーゴーランド意識調査

弱風や微風の運転は電気代を抑えられるように感じますが、部屋全体が快適な温度になるまでに多くの時間がかかるため、かえって電気のムダ使いになる場合があります。
おすすめは「自動運転」。お部屋の温度を設定温度にするのに最も効率的な運転をします。

1位:遮光

夏の暑い日差しをカーテン等で遮ってエアコンを使用している人は67.9%と、約7割にものぼりました。

Q:夏の日中、カーテンなどで遮光をしながらエアコンを使用していますか?

みんながやってる「エアコン代節約テク」BEST5、マネーゴーランド意識調査

部屋の日当たり具合にもよりますが、夏の太陽の光が多く部屋に降り注ぐほど、部屋の温度も上がっていくもの。
カーテンやすだれを活用するだけで、エアコンの効率がぐんと上がっていきます。

みんながすでに行っているテクニックで自分がまだやっていないものがあれば、それを実行することで電気代節約が見込めるということです。
まだまだ暑くなる今、これらの節電法を試してみてはいかがですか?

エアコン節約術の関連情報

※上記集計は2016年7月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果です。(対象:全国の男女、回答数1,702名)

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。