効率よくエアコンを活用したい!「冷房VS除湿」結局どっちが涼しいの?

1

読了目安[ 3 分 ]

今や夏には欠かせない冷房ですが、あまりにも冷房が効いているのも困りものですよね。冷房病とも言われる症状が現れることも考えられますし、冷房で体がだるいという人も少なくないでしょう。

そこで、おすすめされている一つの方法として「除湿」を使うという方法があります。しかし「除湿で涼しくなる!」と言われてもピンと来ない人もいるのではないでしょうか。今回は冷房と除湿の機能とその効果についてお話しします。

冷房と除湿の効果とは?

まず、冷房は部屋の気温を下げる効果があります。やはり夏は日差しも強く、外の気温も上がりやすいです。そのような外気に包まれていると部屋の中も暑くなりやすく、冷房はそのような気温を下げるために効果的といえます。

一方、除湿は字のごとく湿度を下げる効果があります。湿度が高い状態だと不快感が大きいですよね。それは、体が体温を下げるためにかいた汗が乾かないからなのです。つまり、除湿することにより汗が乾きやすくなり、涼しく感じられるというわけなのです。

暑い夏にはどっちを使うべき?

では、夜も眠れないくらい暑い夏には冷房と除湿のどちらを使うべきなのでしょうか。もちろん目的に応じて異なりますが、除湿を使うことをおすすめします。

というのも除湿機能には部屋の湿度を下げるだけでなく、少し冷房をつけたときくらいの効果が期待できるからです。さらに、消費電力という観点からも冷房よりも除湿の方が小さくて済みます。つまり、電気代が安く抑えられるのです。(エアコンの年代や機種等によって異なる場合もあります。)

また、「冷房をつけっぱなしで寝ると体がだるい!」という人も少なくないでしょう。しかし、除湿であればそのような心配も少なく、快適な睡眠を手に入れることができるのです。

もちろん、除湿しすぎて逆に不快な気分になるということも十分にあり得るので、ほどほどにしなければいけませんが、上手に使えば冷房よりも使い勝手がいいかもしれません。ぜひ、夏を快適に乗り切るためにも除湿機能を利用してもらえたらと思います。

<エアコン節約術の関連情報>
「夏本番前にチェック!エアコン代が沸騰しないためのチェック項目5つ」
「猛暑で夏の電気代もウナギ上り!“夜間のエアコン代”を抑えるテク」
「小さな努力で1000円の差!エアコン代節約“朝にやるといいコト3つ”」
「猛暑に打ち勝つ!体にやさしい“妊婦のためのエアコン代節約術”」

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。