休職中の収入減を救う!家計の危機を乗り越える「傷病手当金」とは?

7

読了目安[ 3 分 ]

長時間残業、パワハラ等でメンタルヘルス不調者が、会社で急増しています。そしてそのために会社を休職している間は、健康保険から傷病手当金が支給されますが、いつまで支給されるのでしょうか?働けない不安を払しょくするためにもぜひ覚えておきたい事柄です。

傷病手当金の支給は最大1年半

傷病手当金とは、病気やケガで会社を休んだ場合に、休職4日目からお給料の日額の3分の2が、最大1年半健康保険から支払われるという制度です。

傷病手当金の支給期間は最大1年半ですが、会社の就業規則に休職規定があればそれに縛られます。例えば、「休職期間3ヶ月、それを超えた場合は、自然退職」というように、それぞれ会社によって期間が定められています。傷病手当金と同じ1年半という会社はほとんどなく、多くは3ヶ月とか半年で会社を辞めざるを得なくなります。自分の会社の休職規定は、必ず確認をしておきましょう。

では、会社を辞めた後は、どうなるのでしょうか? まだ病気やケガが直っていない場合、会社で加入していた健康保険の加入を続けます。これを任意継続被保険者と言います。会社を辞めても最大2年間は、今までの健康保険に加入し続けることができるのです。すると、今までは会社を通しての傷病手当金の申請でしたが、辞めた後は自分で申請をすることになります。最大で、もらい始めてから1年半です。

失業手当と傷病手当金は同時にもらえない

会社を辞めた場合、収入はありません。健康であれば、失業手当の申請をハローワークで行います。しかし、失業手当は、働く意思があるにもかかわらず、仕事に就けない人に支給されるもの。実際に働ける人が対象です。病気やケガが直っていなければいくら働きたいと思っても働けないのが現状で、失業手当の申請はできません。また、当然に傷病手当金と失業手当は、同時にもらうことができません。

「せっかく働いて雇用保険料も納めたのに、手当がもらえないなんて…」と嘆かないでください。同時にはもらえませんが、失業手当の受給期間の延長を申し出ることによって、働けるようになった時にもらうのです。

失業手当は、失業してから1年間を過ぎるともらえなくなりますので、病気等で無理な場合は、受給期間延長を申し出てください。最大3年間延長できます。その後、病気やケガが直り、働く意思があれば求職活動はできますので、失業手当をもらえます。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。