食べるだけで金運アップ!幸運を呼び込みお金持ちになる6つの食材

読了目安[ 3 分 ]

毎日の食事を何気なくとっている人は少なくないでしょう。

基本的に何を食べるかを意識していない人は、「美味しい」「美味しくない」の基準以外で食事を選ぶことはあまりないかもしれません。

しかし、それだけで口に運ぶ食事を選ぶのは少々もったいないと言えるかもしれません。
というのも金運を上げてくれる食べ物を意識して口にすることで、お金持ちになれるかもしれないからです。

今回はそんな風水で良いとされている、金運アップの食べ物を紹介します。

金運アップ食材1.鶏肉と牛肉

風水において肉料理は金運アップに最も効果のある食べ物のひとつ。

なぜ鶏肉と牛肉?と思われるかもしれませんが、これは金運に関わる方位と十二支に関係しています。

簡単に説明すると金運に関わる方位は西と北であり、鳥(酉)と牛(子)はそれに対応しているのです。

短期的な収入を得たい方は鶏肉、長期的な収入を得たい方は牛肉料理を食べると金運アップに効果的と言われているようです。
まずは、手始めに肉料理で活力をつけてみてはいかがでしょうか。

金運アップ食材2.大豆

風水的に集中力を上げてくれる食材は「金の食材」と呼ばれています。
大豆は集中力を上げる食材としてもよく知られています。

また、栄養価を見ても大豆は「畑の肉」とも言われるほどで、良質のタンパク質とバランスの良い必須アミノ酸を含んでいるなど、日本人が昔から長寿である理由は大豆にあるといっても過言ではありません。
金運アップもできて健康にもなれるなんて一石二鳥でお得ですよね。

金運アップ食材3.根菜

大地で取れた野菜には強いパワーを備えています。旬であれば旬であるほどそのパワーは強いと言われています。

たとえば、ごぼうのように地中深くに根をはる根菜は、その名の通り真面目さや根気を養う力があると言われており、仕事の成果も上がることは間違いないでしょう。

飽きっぽい自分を変えたい!と思う人は、ぜひ新年から根菜類を積極的に食べていきましょう。

仕事の成果が上がれば収入ももちろんアップも考えられますし、お金持ちの一歩となるかもしれません。

金運アップ食材4.伊予柑

オレンジに似た見た目ですが、オレンジと比べても非常に甘みが強く好きな人も多いでしょう。

黄色やオレンジ色は運が開けるカラーで、しかも“良い予感”と語呂が非常に似ており、開運によいのだとか。

金運アップ食材5.鮭

どの家庭でも年に数回は食卓に並ぶ鮭ですが、こちらも開運の食べ物になります。

鮭のような、逞しく川を上っていく魚には、出世コースの荒波を超えていく力がありそうですよね。

他にも川を上るような魚は、同じ理由でおすすめです。

金運アップ食材6.納豆

こちらも何事にも飽きっぽいという人におすすめの食べ物です。納豆といえば、やはりその粘りが特徴ですよね。

そんな納豆を食べると、精神的にも粘り強くなるということで、おすすめの食べ物です。

金運アップ食材は語呂合わせが多い

見てもらうとおわかりの通り、開運する食べ物といってもいずれも語呂合わせのようなものが多いことがわかります。

古くから人々の間に残る言い伝えは、そんな理由が実は多いのかもしれませんね。

毎日の食事には、あまり人には知られていないパワーが存在します。意識的に口にすることで、金運アップ、そしてお金持ちを目指していってみましょう。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。