金八先生は月収27万円⁉︎ 懐かしのヒットドラマ「主人公の推定給料」一覧

読了目安[ 4 分 ]

昔大流行したドラマを覚えているでしょうか。今でも語り継がれる『3年B組金八先生』や『東京ラブストーリー』など、放送された翌日は学校のクラス中で盛り上がって話した経験がある人もいるのではないでしょうか。

そんな数々のヒットドラマがありますが、果たして主人公はどれくらい稼いでいるのでしょうか? 今回はドラマを見ただけではわからない、 お金の話をしてみます。

今回は厚生労働省で発表された『平成27年賃金構造基本統計調査』をもとに、それぞれのドラマの登場人物の年収を予想してみます。

『3年B組金八先生』坂本金八の推定月収:27万円

武田鉄矢さんが演じる、おなじみの金八先生ですね。学校のクラスに蔓延している問題を正面から体当たりして解決していく、30年も続く学園ドラマに心動かされた方も多いのではないでしょうか。

そんな金八先生の年齢は第一シリーズで20代後半と仮定してみます。男性の20代後半の教育関係の平均月収は26万5900円。多く感じられるかもしれませんが、あれだけ体当たりしている割には安い収入かもしれません。

『東京ラブストーリー』カンチ&リカの推定月収:22万円

このドラマ観たさにさっさと帰宅する女性が続出し、月曜の夜は「東京の街からOLが消える」と言われたりもした月9の代表作とも言えるドラマ。男女が複雑に絡み合うラブストーリーを描いたドラマは多くの若い女性から支持を集めました。

織田裕二さん演じる永尾完治(愛称カンチ)と、鈴木保奈美さん演じる赤名リカはともに広告代理店で働いています。20代前半の二人の場合、男性のカンチは22万円4700円、女性のリカの月収は22万400円と予想されます。リカは帰国子女なので、英語が業務に活かせるのであればもっと多くの給料をもらえる可能性もあるかもしれませんね。

『ひとつ屋根の下』あんちゃんの推定月収:21万円

「そこに愛はあるのかい?」のフレーズでも有名なこのドラマ。けんかばかりの兄弟が少しずつ絆を深めては崩壊の危機を迎えるホームドラマブームの火付け役ともなったドラマですね。

そんな『ひとつ屋根の下』主人公あんちゃん(江口洋介さん)はクリーニング店を経営しており、月収は21万5000円程度と予測されます。ただし自営業の場合は、月によって収入に差があったり、職種によっても異なる事が多く、判断が難しいところです。

『ロングバケーション』瀬名の推定月収:22万円

最後に予想するのは「ロンバケ」のセナの月収ですね。SMAPの木村拓哉さんが国民的人気を獲得するきっかけにもなったといわれるドラマですね。このドラマを見てピアノを始める男性が増える「ロンバケ現象」なども起こりました。

そんな『ロンバケ』の瀬名秀俊は、ピアニストを目指して音楽講師をするという設定。推定月収は約21万9000円。週5日、1日8時間の勤務ではないかもしれないので、これより少なかったかもしれませんね。

昔懐かしのドラマも見方を変えればこんなことがわかりますね。楽しんで読んでいただけたらと思います。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。