「絶対デビューできる」芸能スクールがあった!費用対効果はどうなの?

1

読了目安[ 4 分 ]

一般的な芸能スクールの場合、卒業したからといって誰もが芸能界デビューできるわけではありません。

ところが最近は、誰もが俳優・女優としてデビューできる、という夢のような芸能スクールを、ちょこちょこ見かけるようになりました。

参考:「芸能スクールの費用はピンキリ…“高額ほどスターになれる”噂は本当?」

映画や舞台に必ず出演できる!

通常、一般的な芸能スクールでは、一定期間のレッスンに通った末に、芸能プロダクションやエンタメ作品のオーディションに参加するなど、将来進むべき道を見つけていくことが多いようです。

一方、“必ず芸能界デビューできる”スクールは、そもそも映画や舞台といった作品に出演することを前提に入所し、作品出演というゴールに向けてレッスンを受けていくというスタイル。しかも、その対象となる作品は、学校内のイベントや発表会ではなく、劇場で公開されるような映画や、一流のスタッフが参加して上演される舞台です。

通常、芸能プロダクションに所属しない素人が作品に出演する場合、キャスト募集オーディションなどで抜擢されることもありますが、選ばれるのはごく少数。それに比べて、この手のスクールでは、役の大小はあれど、基本的には全員が作品に出演できます。

きちんとした作品への出演経験が1つでもあれば、キャリアが真っ白の「自称:俳優」よりも、その後の道が広がりやすい、キャスティング依頼が入りやすい、というメリットが考えられます。

デビューの代償となる“お金”。高いととるか、安いととるか !?

「全員、芸能界デビュー」といっても、やはり条件はあって、作品出演までのレッスンにはそれなりの費用がかかることが多いです。一般的な芸能スクールの最安値が1ヶ月1万円代だとすると、後者は1ヶ月5〜6万円ほどかかることも(レッスンメニューなどによって異なります)。ただ、“映画俳優”や“舞台女優”として人前に立つには、それなりの技術が必要、というのは多くの芸能関係者が語ることです。

この“代償”を高いととるか、安いととるかは、意見が分かれるかもしれませんね。ただひとつ言えることは、芸能界デビューは早ければ早いほど可能性は広がりやすい、ということ。

中には、作品出演したことで、自分の“芸能人としての素質”を見極め、“夢をあきらめる”という結論に至る人もいるでしょう。なにしろ芸能界というのは、その先も“映画館に人を呼べる人”“ドラマで視聴率を取れる人”でないと食べてはいけない、厳しい世界だからです。(中には、名脇役という路線もありますが)

俳優やタレントの中には、お金をかけることなく、“スカウトされて芸能界入り”という人もいます。しかし、それはほんの一握り。厳しい言い方かもしれませんが、それが期待できない場合、お金をうまく利用して夢に近づくことも、ひとつの選択肢と言えるのではないでしょうか。

芸能スクールの種類や費用については「芸能スクールの費用はピンキリ…“高額ほどスターになれる”噂は本当?」を参考にしてみてください。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。