1億円もかかる⁉︎ 誰もが知りたい「花火大会の費用」はいくら?

読了目安[ 2 分 ]

真っ暗な闇の中、一筋の光が地上から空高く打ち上げられる。見上げた光が一瞬闇の中に消え、周りの観客も息をのんだその瞬間、「バンッ!」と音とともに巨大な花が空中に咲き、見るものは魅了され、辺りは歓声に包まれる。

そんな花火大会をするためには、もちろん花火が必要です。そしてその花火を買うための金額は合計1億円ともいわれています。今回は関東や関西で行われる花火大会がどれほどの金額がかかっているのか?ということを考えてみます。

花火一発の値段はいくら?

いつも見ているだけの花火大会なので、打ち上げ花火の値段も想像しにくいという方も多いのではないでしょうか。個人から大会開催までさまざまな規模の花火を扱う『花火ショードットコム』のウェブサイトでは、さまざまな花火の種類をパッケージにして紹介しています。

その情報によると、最も小さい2.5号玉(70m花火)を28発、3号玉(90m花火)を16発、4号玉(120m花火)を8発上げられるのが、最小のパッケージで価格は15万円。15万円で合計52発ということは単純計算で1発およそ2,885円ですね。

もちろんこのパッケージに入っていない、5号玉(150m花火)や10号玉(300m花火)などもありますから、当然もっと価格の高いものも多くあります。

花火大会で打ち上げられる花火数は?

打ち上げ数が公開されている中で人気の花火大会は、関東では隅田川花火大会、関西では天神祭奉納花火大会ではないでしょうか。隅田川花火大会で打ち上げられる花火は約2万発、天神祭奉納花火大会では約5000発。これらの花火を打ち上げるためには一体いくら必要なのでしょうか。

花火大会を1回行うための費用は?

先ほど算出した花火1発の費用を約3,000円とすると、5,000発打ち上げるためには約1,500万円。そして2万発打ち上げるためには、なんと6,000万円以上もの金額がかかります。

ちなみに『花火ショードットコム』では、1万発以上の花火大会は3000万円以上、2時間にわたる5万発の花火大会では1億円以上の費用がかかると掲載しています。大規模な花火になるほど大きな花火がもちろん必要になりますし、許可申請や整備などのそれ以外の費用もかかってきます。

夜空を彩る美しい花火大会が今年も行われます。こんな費用のことを考えながら花火を眺めると、さらに綺麗だと感じられるかもしれませんね。

<花火関連情報>
観光と花火で2度美味しい!節約になる「おすすめ花火大会」BEST3
よけいな出費をセーブ!子連れでも安心して花火を見るためには?

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。