材料費500円で大満足!土用の丑の日「激安なんちゃって」うなぎレシピ

1

読了目安[ 3 分 ]

この季節になると、景気づけにうなぎが食べたくなりますよね。ただ、スーパーでもどこでもうなぎは高い…。あっという間に千円札が飛んでいってしまいます。

とてもじゃないけどうなぎは買えない!そんなあなたに、見た目はうなぎそのもので、食べるとほのかにうなぎっぽい⁉︎ しかも材料費が激安でできるレシピをご紹介します。気分だけでも、土用の丑の日を楽しみましょう。このレシピ、味はうなぎのようなのに、激安でできちゃいます。

精進料理にあった!うなぎの蒲焼き豆腐

実は、精進料理にまるでうなぎの料理があるのです。お肉やお魚が食べられない修行のお坊さんたちも、土用の丑の日はうなぎが食べたかったのでしょうか。

<材料>
木綿豆腐200g(水を切っておく)、ゴボウ1/3本程度、長いも20g、海苔、片栗粉小さじ1、タレ(しょうゆ25cc、昆布だし50cc、酒30cc、みりん20cc、砂糖小さじ1、黒砂糖小さじ1)

<作り方>
1.タレの材料を鍋に入れ、一煮立ちさせる
2.ゴボウと長いもをすりおろし、よく裏ごしした木綿豆腐と片栗粉を入れて混ぜる
3.海苔の上に2をのせて、うなぎのように形づくる(表面に模様を入れるとうなぎのようになります)
4.170度の油で3をきつね色になるまで揚げる
5.揚がったら、海苔の面を上にして1のタレにつけて少しだけ煮たら完成

レンコン入り豆腐 、うなぎ風蒲焼き

レンコンの繊維をうまく活用したレシピです。これはこれで美味しい!

<材料>
木綿豆腐130g、レンコン80~100g、片栗粉小さじ2、白だし小さじ1、味付け海苔10枚、揚げ油適量、めんつゆ(2倍濃縮)大さじ4、みりん大さじ4

<作り方>
1.水を切った豆腐とすりおろして水を切ったレンコン、白だし、片栗粉を混ぜる
2.フライパンにめんつゆ、みりんを入れ弱火で煮立たせてタレをつくる
3.海苔の上に1の具材を乗せる
4.170度の油で3をきつね色になるまで揚げる
5.揚がったら2のタレにからめて、完成

見た目は本物のうなぎのような出来栄えになります。タレがごはんによく合うので、なんちゃってうな重が楽しめますよ。また、これ以外にもなすを使ったもの、ちくわやはんぺんをつかったものなどあります。いろいろな作り方がわかったら、アレンジして、さらに本当のうなぎに近づけるのもまた楽しいですよ。

今年の土用の丑の日は7月30日です。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。