投資信託初心者が知りたい!何が違うの?「為替ヘッジ」ありorなし

読了目安[ 3 分 ]

同じ名前の投資信託に、為替ヘッジ“あり”と“なし”

いざ、「投資信託で運用しよう」と調べてみると、あるわあるわ、莫大な種類の投資信託。さらによく見てみると、同じ名前の投資信託に「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」という2種類が存在する場合があることに気づくと思います。

この「為替ヘッジ」とは、ナニモノなのでしょうか? そして、為替ヘッジの”あり”と”なし”では何が違うのでしょうか?

為替の変動に虎の子が巻き込まれないための手法

為替相場の変動で資産価値が変わることを、「為替変動リスク」と呼びます。為替の動きしだいで運用対象の資産価値が変わる投資信託には、為替変動リスクがあります。

為替相場といえば、急激な円高だ、円安だ、と大騒ぎをしているニュースを耳にすることと思います。

そんな騒ぎに大事なお金を巻き込まれては大変、と為替リスクを嫌がる方もいるでしょう。そういう方向けの運用手法が、「為替ヘッジ」です。

「為替ヘッジ」は、為替変動リスクを避けること

「為替ヘッジ」の「ヘッジ」、は「避ける」という意味。「為替ヘッジ」は、「為替変動リスクを避けること」です。

例えば、投資家が日本円を米ドルに交換し、米ドルで金融資産を持っているとします。為替相場が円高米ドル安になると、円に対して米ドルの価値が下がったことを意味し、米ドル建ての資産価値は目減りします。

これを避けるため、米ドルでの金融資産を買う時に、同時に「米ドルを売って円を買う予約」をするのが為替ヘッジの取引です。金融資産の目減りと「米ドルを売って円を買う」取引のセットで為替変動リスクを抑える効果が働きます。これを運用の中で行う投資信託が「為替ヘッジあり」の投資信託です。

為替ヘッジを行わず、為替変動の影響をまともに受ける投資信託が「為替ヘッジなし」です。

為替ヘッジにはコストがかかる

ただし、為替ヘッジにはコストがかかります。先の例では、日本と米国の短期金利の差に相当するコストです。日本の金利が低い中、相手通貨国の金利が高いほど、為替ヘッジのコストは高くなります。

コストが高ければ、運用成績を押し下げます。「為替ヘッジあり」の投資信託は、同じ投資信託の「為替ヘッジなし」に比べ、為替ヘッジコストの分、基準価額が低くなります。

「為替ヘッジあり」は為替の儲けが期待できない

当然ですが、「為替ヘッジ」は為替変動リスクをなくすために行うので、本来、為替で利益が生じる場面でも、為替変動の影響がありません。為替による利益が得られない点には注意が必要です。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。