800円の地域サポートほか「夏休み預け先&費用」一覧【未就学児編】

1

読了目安[ 4 分 ]

未就学児は、家庭や保育園、幼稚園などさまざまな環境で過ごしています。中でも小学生と同様の長期間の“夏休み”がある幼稚園児を持つ親にとって、夏休み中の過ごし方や預け先は悩みの種。

また、保育園や家庭での保育の場合でも、子どもたちに夏しかできない体験をしてもらいたいものですね。そこで、未就学児の夏休みの預け先やイベントなどをその費用とともにご紹介します。

参考:「無料から数十万コースまで!“夏休み預け先&費用”一覧【小学生編】」

幼稚園の夏休み、まずは預かり保育の有無を確認

子どもが幼稚園に通っていればすでにご承知の通り、多くの幼稚園には「預かり保育(一時預かり事業幼稚園型)」という制度があります。預かり保育があれば、通常の教育時間の前後や土曜日などに希望者を預かってもらうことができます。ただし、夏休み中も通常期と同じように預かり保育を実施する幼稚園は多くないので、あらかじめ確認しておく必要があります。

預かり保育にかかる費用は幼稚園ごとに異なりますが、たとえば東京都中央区が認定する保育園では月額費用5,000円+利用1日当たり800円(7月の場合)、横浜市では利用日数によらず月額9,000円という上限を設けています。

保育園や幼児教室の夏期プログラムを利用

認可保育園は空きが少ないため一時的な利用がしにくい状態ですが、認可外の保育園や幼児教室では月極保育や夏期だけの特別プログラムを用意していることもあります。費用の一例として、小学館の幼児教室『ドラキッズ』のサマーレッスンの場合1回当たり4,000円~。また、「無料から数十万コースまで!“夏休み預け先&費用”一覧【小学生編】」でご紹介した「民間学童保育」の中にも、幼児・未就学児専用コースを設けているところがあります。

自治体ごとに設置されているファミリーサポート

ファミリーサポートは地域で子育てを支援する組織。会員登録をすると支援者を探してマッチングし、子どもを預かったり、送迎したり、病気の子どものそばについていてくれたりします。費用や利用できる時間帯などは自治体ごとに異なりますが1時間当たり800円程度(日中の場合)が多いようです。

誰でも参加できる公立保育園や児童館、図書館などのイベント

未就学児は子どもだけでの参加が難しく、親子そろってのお出かけが前提になりますが、公立保育園や児童館、図書館などでさまざまなイベントが開催されています。公立保育園では、地域の子育てを支援する目的で教室やプールを無料開放したり、在園児と遊ぶ時間が設けられていたりします。お住まいの地域の役所へ問い合せると情報が集まりやすいでしょう。

企業のPRを兼ねたイベントも人気です。たとえば東京ガス主催の料理教室では、4歳から参加できる『キッズ イン ザ キッチン』コース(3,000円/親子)があります。

保育料の負担が重いときに必要な「生涯収入」の視点

夏休みに限ったことではありませんが、育児とのバランスを取りながら働いている親にとって、保育料の負担は大きな問題です。認可保育園に入れない、子どもが二人以上いる、時間外保育や送迎が必要といった状態になると、費用負担はさらに増えて、働いて得られる収入から保育料を引くと赤字になってしまうケースも見られます。

ただし、「今の収入」だけでなく「生涯の収入」まで含めて考えてみると、今は赤字でも働き続けることで将来の給料や老後の年金が増える可能性があるので、ぜひ長い視点で働き方の選択することをおすすめします。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。