地政学的リスクは短期で終了? 【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

読了目安[ 2 分 ]

7月第4週の見通し(2016/07/18)

為替アナリストの岡安盛男です。毎週月曜日にお届けしている『初心者でもわかる今週の為替市場』。今週も宜しくお願いします。

「地政学的リスクは短期で終了?」

先週は市場に漂う三つの不安が払しょくされ、リスク回避の動きが後退しドル円は大きく上昇に転じました。

一つ目は参院選で与党が圧勝したことです。過半数を獲得した安倍政権は大規模景気対策を打ち出すとの姿勢を示したことで株式市場が上昇。リスクオンの動きが高まり安全通貨の円も売られました。

また、バーナンキ元FRB議長が来日し、日銀の黒田総裁や安倍首相と会見。会見ではヘリコプターマネーを議論したのではといった憶測が広がりました。ヘリコプターマネーとは、ヘリコプターから市中にお金をばらまくように、政府と日銀がマネーサプライを大幅に増やす景気対策のことです。
市場は日本銀行が7月の政策決定会合でヘリコプターマネーに踏み切るとの見方からドル円は上昇しました。

ブレグジットで混乱する英国では次期首相指名が予想外に早く決まったことで、政治的な不安が後退。市場には安心感が広がりました。米国でも6月雇用統計が予想外の好調な結果となったことで労働市場への懸念が後退。連日NY株式市場は史上最高値を更新するなど、リスク選好の動きが続いています。

ドル円は一時106円30銭近くまで上昇。ユーロ円やポンド円、豪ドル円といったクロス円も全面高となりました。

しかし、金曜日の東京市場では三連休を控えポジション調整的な円の買い戻しの動き(ドル円は下落)が小幅ながら強まりました。

NY市場では再びドル円の買いが先行して始まりましたが、引けにかけ一気に円が上昇(ドル円は下落)しました。トルコで軍が国を掌握したとのショッキングな報道が流れた他、その前日には南仏でテロが起きたことや、中国の南シナ海情勢なども重なり地政学的リスクが一気に高まった為です。

安全通貨の円やドルが再び買われるなど、市場には不安感が広がり先週末は終わりました。

今週も週明け東京市場ではリスク回避によりドル円は上値の重い展開で始まるとみられます。しかし、地政学的リスクというのは長期化することはほとんどなく、短期で収束すると予想されます。

ブレグジット問題も一服感したかと思った矢先に今度はトルコのクーデター。次々と問題が起きて円安と円高が繰り返される目まぐるしい相場展開が続いています。損切りや利食いは早めに入れておくことがこのような相場では必要です。

申年は騒がしい年になると言いますが、本当に今年は何が起きるか分かりません。資金管理は徹底してください。

【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】、来週も宜しくお願い致します。

▼30秒でわかる!7月第4週、今週の為替市場の見通し

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。