実印と認印の違いは?大人なら知らなきゃヤバい「ハンコの基礎知識」

2

読了目安[ 3 分 ]

ご近所の回覧板や宅急便の受取りに使う、手軽なハンコから、結婚・出産・離婚などの届出に使う大事なハンコまで、わたしたちの生活には「ハンコを押す」という作業が当たり前のように根付いています。

「実印」が重要だということは何となく知っているけど、他のハンコとどう違うのかは意外と知られていないものです。そこで、ハンコの使い道やおもしろ知識についてお話します。

「印鑑」と「ハンコ」は違うもの

「印鑑を忘れず持ってきてください」と言われて、皆さんは違和感がありますか?「印鑑」は、「ハンコ」と同じく朱肉を付けて押すものと思われていますが、実は「印鑑」は、「ハンコ」を押したあとの印影のことなので、「ハンコ」とは全く別物なのです。ちなみに「ハンコ」は「版行(はんこう)」の音変化で、正しくは「印章(いんしょう)」と呼びます。

では印鑑にはどんな種類があるでしょうか?

実印

『あらかじめ市区町村長に届け出て、必要の際には印鑑証明書の交付を受けられるようにしてある印章。一人1個に限られ、慣習上、重要な取引などに用いられる。』(goo国語辞典より)

不動産の売買・車の購入・遺産分割など「ここぞ!」という時に必要なのが実印です。必ずしも高級なものを用意する必要はなく、市区町村に登録したものが「実印」となります。「実印」とそれが登録した印章だという証明書(印鑑証明書)をセットにすることで、あなたの意思を証明し、法的な行為に拘束力が備わります。分かりやすく言えば、なりすましを防ぐための方法です。

認印

『1.個人の実印以外の印章 2.書類などの認証として押す印。検印。』(goo国語辞典より)

おなじみの「シャチハタ」も「認印」です。ただ、朱肉を付けて押す「認印」は、登録すれば実印として使用可能ですが、シャチハタは認印のみ使用可能なので、実印として登録することはできません。また、銀行印として使用することもできません。

そのほか、金融機関での出納に使用する「銀行印」、帳簿や伝票の訂正に使用する「訂正印」、法人の実印となる「役職印」、領収書などに押す「角印」など世の中には様々な印鑑があります。

今どきのおしゃれハンコ

今や印鑑は、ネット注文で翌日には手元に届く時代です。素材も数が多くて迷いますが、水牛や木材もさることながら、最近ではチタンが人気のようです。女性や子ども向けの、カラフルでデザイン性の高い印鑑も続々登場しています。

従来、印鑑は仏壇の引き出しや金庫に入れてある、ちょっと重いイメージのものでした。手軽にハンコを楽しめる今では、「ハンコ=一生モノ」ではないのかもしれません。しかし、どんなに手軽に手に入るようになっても、「ハンコ」の役割は昔も今も変わりません。重要書類を前にしたときには、内容を十分に理解した上で、本当に押していいのか自問自答しながら緊張しつつ、押しましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。