実印・認印・シャチハタ・銀行印の違いは?ハンコの種類と使い方

読了目安[ 6 分 ]

みなさんはハンコ(判子)を持っていますよね?

近所の回覧板の確認や郵便物の受け取りに使うお手軽なハンコから、結婚・出産・離婚などの届出に使う大事なハンコまで、わたしたちの生活には「ハンコを押す」という行為が当たり前に根付いています。

そもそもハンコは、そのハンコの持ち主が契約事項を認識し、承諾した証として契約書などに押印されるものです。そのため、とても大切な印だということはわかるでしょう。

では、そんな大切なハンコを使って、回覧板の確認や郵便物の受け取りに使っても良いのでしょうか。ハンコには、いくつかの種類があり、ハンコの種類によって役割や使い方を変えることは、日本社会での一般的な常識として認識されています。

そこで今回は、ハンコの種類と種類によるハンコの使い方・役割についてお話したいと思います。

ハンコと印鑑の違い

ハンコの種類を紹介する前に、ハンコと印鑑のもともとの意味について触れておきましょう。

ハンコのことを印鑑と呼ぶことがありますが、一般的な認識ではハンコ=印鑑で間違いありません。「契約書に捺印が必要なため、印鑑を持ってきてください。」と言われても違和感はないはずです。

「印鑑」は、「ハンコ」と同じく朱肉を付けて押すものと思われていますが、本来「印鑑」とは「ハンコ」を押したあとに現れる印(印影)のことで、「ハンコ」とは全く別物です。

ちなみに、ハンコは「版行(はんこう)」の音が変化したもので、正しくは「印章(いんしょう)」と呼びます。版行の意味は、以下のとおりです。

①文字や絵を版木に彫って刷り、発行すること。刊行。また、その版木や刷ったもの。
②書籍を印刷して売り出すこと。 → はんこ(判子)

出典|大辞林 第三版

ハンコの種類1.実印(じついん)

実印とは、市区町村役所に届け出をして、自分だけの印鑑として登録されたハンコを言います。また、ハンコを実印として登録する行為を「印鑑登録」と言い、登録された実印の印影を出力した書面を「印鑑証明(書)」と言います。

実印は、ハンコの中でもっとも重要なハンコであり、公正証書や公的な書類、不動産売買、金銭消費貸借などの双方が重要だと認識する契約書を承認する際に使用します。

印鑑登録後に発行する印鑑証明が必要な場面は、以下を参考にしてください。

参考|印鑑証明はいつ必要?実印作成・印鑑登録・印鑑証明取得の方法と流れ

ただし、双方が認めた契約書の押印は「実印」しか効力を発揮しないという決まりはありません。重要な書類に実印が用いられるのは、世の中に1つしかないハンコを使うことで、なりすましを防ぐために用いられます。

そのため、印影が実印のようなハンコでも、印鑑登録をしていないものは実印にはなりません。

ハンコの種類2.銀行印(ぎんこういん)

銀行印とは、金融機関との取り引きのために使用するハンコ全般を言います。銀行印と言っても、実印のように登録された印鑑である必要はなく、通常は認印を銀行印として使います。

ただし、銀行印を紛失してしまうと、新しい取り引きを行うことができないため、銀行印として認められているハンコを変える手続きを取らなければいけません。

そのため、1つの金融機関につき1つの銀行印を使い分けることで、リスク分散をするなど専門的に使われることが多いため、「金融機関との取り引きに使う専用のハンコ=銀行印」という認識が定着しています。

銀行印の用途や紛失時の対応方法などは、以下を参考にしてください。

参考|銀行印の役割とは?確認方法と保管方法は?書体・サイズなど作り方

ハンコの種類3.認印(みとめいん)

認印とは、印鑑登録をしていないハンコ全般を言います。

通常、認印は名字だけの簡素な作りのハンコ(三文判)が多く、偽造が容易なため重要な契約書類などには使われず、単純に本人(または代理人)が認識をしたことを証明するために使われます。

ちなみに、次のシャチハタも認印のカテゴリーに属しますが、認印とは別のハンコだと認識した方が良いでしょう。

ハンコの種類4.シャチハタ(インク浸透型印鑑)

シャチハタとは、朱肉を使わないスタンプ型の簡易な印鑑のことで、製造会社のシャチハタという名前がハンコの名前として浸透しています。正式には、インク浸透型印鑑と言います。

シャチハタは認印の一種ですが、大量生産されているため実印登録はできませんし、銀行印としても使えません。もちろん、シャチハタを契約書類の印鑑として認める企業もないでしょう。

そのため、シャチハタは双方の合意の必要がない回覧板の確認や郵便物の受け取り程度に使うハンコです。

ハンコの種類5.訂正印(ていせいいん)

訂正印というと、書類で間違った箇所に押印して、偽造されていないことを証明するために使うハンコの押し方だと考えている人が多いでしょう。

本来、訂正印とは、帳簿や伝票類の文字を訂正するために使われるハンコの種類のことで、簿記印とも言います。

訂正印の正しい使い方は、訂正箇所に被るように二本線を引き、訂正者の名前の訂正印を押すことで、誰がどのように訂正したのかを明確にするためのハンコです。

ハンコを使い分ける理由

たしかに、ハンコに種類があるのは、用途によってハンコを使い分けるためです。

たとえば実印は大切な契約、銀行印は金融機関との契約に必要なハンコなのですが、これは一方が特定のハンコが押印された書類以外とは契約を結ぶと決めていないためです。

もしあなたが、金銭消費貸借契約書を結んだ際に、双方がシャチハタでも契約書に効力があると認識をしていれば、この契約自体が法的に有効な契約になります。

とは言え、全てのケースにおいてシャチハタの契約書類が、法的に有効になるわけではありません。

日比谷ステーション法律事務所で紹介されていた過去の判例「東京地方裁判所平成18年3月30日判例」によると、合意の存在を確かめる証拠として書類に押印されたシャチハタでは、書類偽造の可能性が否定できないとされています。

「甲第2号証(※偽造が問題となった文書のことです。)の被告名下にある被告名義の印影は、大量生産されているシャチハタ製の印章により顕出されたものであるから、そもそも、その印影により特定個人が押印したと推認することのできない性質の印章により顕出されたものであるといえ、したがって、甲第2号証の被告名下にある被告名義の印影から、それが被告の印章により顕出されたものであることや、被告が押印したことを推認することは到底出来ない。」

引用|大事な書類はなぜ「シャチハタ不可」なのか | 日比谷ステーション法律事務所

なかなかこのような珍しい例に遭遇することはないとは思いますが、ハンコの種類を正しく使い分けることによって、大切な契約書の効果を発揮し、自分の身を守ることにもつながります。

重要な契約書類は、わたしたちの生活や財産に直結するものばかりです。その際に必要なハンコの基礎知識は必ず知っておくようにしましょう。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。