涼を求めて…無料でくつろげる「都会の避暑スポット」3つ

1

読了目安[ 2 分 ]

都心にありながら自然があふれる公園なら、アクセスも抜群で行きやすいですよね。緑の中での森林浴や、川に足をつけて水遊びなど、お金のかからない過ごし方ができて、気分もすっきり。読書などもはかどりそうです。

せっかくの休日にクーラーをつけてずっと家にいるのは、なんだか体にも悪そうですし、電気代もバカになりませんよ。

そこで、無料で楽しめる、都心でも涼しい避暑地にでかけませんか?自然豊かで気分もリフレッシュ、涼しくて、お金もかからない癒しスポットです。

林試の森公園

(目黒区、武蔵小山駅)
林業試験場として、明治から昭和にかけてにぎわった場所です。平成になってから公園として開園し、珍しい品種の樹木が多く、「都心に広がる樹林帯」とうたわれています。小さい子ども向けのじゃぶじゃぶ池や、池を結ぶ小水路など、爽やかな景色が広がります。

等々力渓谷

(世田谷区、等々力駅)
水と緑が豊かな、東京都内で唯一の渓谷です。川の流れる音がとても心地よく、涼し気な空間。遊歩道があるので散歩もできます。また、自然以外にも野毛大塚古墳や日本庭園など見どころもあるので、長時間たのしめるのも良いですね。

名主の滝公園

(北区、王子駅)
もともと王子周辺には滝が多く、かつては「王子七滝」と呼ばれる7つの滝があったそうです。名主の滝はその中で唯一現存する滝で、名主の滝公園はこの滝など自然の風景を取り入れた回遊式庭園となっています。8mの落差を有する滝ということで、その迫力も見ものです。

ご紹介したこれらの避暑地ですが、どちらも無料で入園・入場が可能です。お金をかけずに涼しく、爽やかに過ごすことが出来るなんて、とっても気持ちが良いですね。自宅でクーラーをつけてゴロゴロしているくらいなら、避暑地に出かけて日の光を浴びましょう。のんびりと過ごすことで、日々の疲れも癒えそうです。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。