勝手にコスパランキング!一番お得に帰省するなら?「東京ー福岡」編

読了目安[ 3 分 ]

帰省時の交通手段って、結局どれが一番よいのでしょうか。時間や快適度など、重視するところは人それぞれですか、総合的した場合のコストパフォーマンスは知っておきたいですよね。

そこで今回は、東京―福岡間に焦点を定めて、どの交通手段で帰省するのがベストなのか、検討してみたいと思います。これからあるお盆の帰省にぜひお役立てください。

東京―福岡間の交通費と所要時間は?

東京から福岡(博多)へ1人で帰省するとして、今回は「電車(新幹線、在来線それぞれ)」、「飛行機」、「夜行バス」の3つの交通手段(片道)で、お盆休みの期間に利用した場合について検討したいと思います。所要時間の速さや費用の安さ、混雑具合など、様々な点で評価していきたいと思います。

電車(新幹線のぞみ)の場合

交通費 合計 23,150円 指定席
21,810円 自由席
所要時間 合計 5時間01分 乗り換え時間含まず

電車(在来線)の場合

交通費 合計 4,740円 青春18切符2回分
所要時間 合計 27時間35分

飛行機(スカイマーク)の場合

交通費 合計 25,490円 前割7を使用
所要時間 合計 2時間00分

夜行バスの場合

交通費 合計 14,500円
所要時間 合計 15時間50分

決定!東京―福岡、帰省のコスパランキング

最下位はがら空きだったら良いけど・・・の帰省手段

新幹線が最下位とは、意外でしたか?

指定席ならまだ良いのでしょうか、自由席でしかも大混雑していたら、5時間は苦行です。指定席と自由席の費用の差も1,340円とそんなに変わらず、コスパは決して良くないと言えますね。ただ、指定席であれば必ず座っていられますし、座席もゆったりしていてその点は評価できます。

第3位は思い切って途中で宿泊しちゃう帰省手段

いくら安いとは言え、27時間以上もかかるのに!?と思いましたか?そう、2日かければいいんです。つまり、途中ホテルに泊まってしまえば良いということ。10,000円のホテルに泊まっても、新幹線より断然安い。それならホテルに泊まって旅気分を味わったほうが楽しいですよ。青春18切符は途中下車もできるので、観光地によっても良しです。

第2位は寝ていればついてしまう帰省手段

新幹線よりも10,000円程安い夜行バス。シートはゆったりタイプのものならなんとか過ごせそうです。夜は寝ているだけですし、朝起きても高速道路のサービスエリアが楽しめて、意外と長い時間でも大丈夫かもしれません。実家に着いたら気持ちよく布団で眠ればよし。

第1位は何と言ってもビューン!だけど前割必須!!

新幹線と交通費はほとんど変わりませんが、所要時間は半分以下。これはもう決定的です。格安航空機なのでシートは少し狭目ですが、2時間くらいなら我慢できる範囲でしょう。本を読んだり、寝ていたらすぐに着いてしまいます。上空からの眺めも気持ちよさそうです。

いかがでしたか?人それぞれ重視するポイントが異なると思いますから、こちらでご紹介した費用と所要時間、楽しみ方を参考に、次の規制は、自身にとってベストな移動手段を選んでくださいね。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。