友人にお金を無心されたら…相手が思わず黙る上手な断り方ベスト5

読了目安[ 5 分 ]

もし、友人から「お金を貸して。」と頼まれたら、あなたはどうしますか?

「金の切れ目は縁の切れ目」という言葉があるように、安易なお金の貸し借りは、たとえ友人同士でもトラブルを起こすリスクをはらんでいます。

そして、そんな危険を察知して、「たとえ友人でも、お金は貸したくない……。」と思う方が多いはずです。とは言え、友人の願いを無下に断ることも心苦しいですよね。

このような「金を無心する(かねをむしんする)」行為に対して、どのような断り文句を言えば、相手を納得させることができるのでしょうか。

今回は、「お金の無心の上手な断り文句」を『マネーゴーランド』が独自に実施したアンケート調査から探ってみました。

断り方1.お金は貸さない主義だから

「お金を貸して。」と言われたあなたが、最も言いたいことをストレートに言うと、「お金は貸さない主義だから。」という言い方になるでしょう。

お金を無心する相手も、友人に対して軽口で言っているわけではありませんが、それ以上にお金によるトラブルを起こさないためには、自分が人とお金の貸し借りをしないスタンスをハッキリ明言することが大切です。

場合によっては、相手にキツい言い方かもしれませんが、将来同じことが起こることを防ぐことができます。

断り方2.ローンの返済があって今はお金が貸せない

もしあなたが、家を建てたり、新居を準備している最中であれば、「住宅ローンの返済があって、今はお金が貸せない。」が断り文句になるでしょう。

家を建てた人にとっては、住宅ローンの返済はお金の使い方の再優先順位のため、言っていることに嘘偽りはありません。

たとえ、毎月の住宅ローン返済で家計がギリギリの状態ではなくても、「ローン返済」と言われれば、お金の無心はできなくなります。

断り方3.給料が減らされて今はお金が貸せない

給料がなかなか上がらない今だから使える断り文句が、「給料が減らされて今はお金が貸せない。」です。

自分の収入が減っているのであれば、人にお金を貸す余裕はありません。もちろん、その人の前では、派手なお金の使い方は見せられませんね。

ただし、本当に給料が減らされていた場合は、この断り文句を言うと少し悲しくなります。

断り方4.夫(妻)が管理しているから貸せない

いくらお金を無心する人が家族ぐるみの付き合いであっても、相手のパートナーにまで自分がお金を無心していることは知られたくないと思います。

そのため、夫婦のどちらかが財布のひもを握っていれば、「夫(妻)が管理しているから貸せない。」と言えるはずです。

ちなみに、2016年にKDDIが行った「夫婦400組の家計管理財布のふもを握るのはどっち?」という調査によると、「夫が一括管理」が14.8%に対して、「妻が一括管理」の割合が倍以上の37.5%となっています。

出典|夫婦400組の家計管理 財布のひもを握るのはどっち? | auの生命ほけん:auのほけん・ローン | au

断り方5.自分も他の人にお金を貸してと頼んでいるから

自分もお金がないことをアピールするために、「自分も他の人にお金を貸してと頼んでいるから。」と言えば、相手も諦めざるを得ません。

単純に「無い袖は振れない」ということではなく、自分も袖を借りているという話なのでどうしようもないですね。

ただし、お金を無心する人からは、「人からお金を借りる人」というイメージを持たれるかもしれません。同じ穴の狢なのですが……。

断り方番外編

少数意見ですが、お金の無心に対して以下のような断り方がありました。どうやら、女性の方がバラエティに飛んだ断り方をする傾向があるようです。

  • お金を貸せるほど持っていない(20代女性)
  • 身内に不幸があってそれどころじゃない(30代女性)
  • 電子マネー派なので、現金がない(40代男性)
  • まもなく高額な買い物をする予定があるの(20代女性)
  • 趣味につぎ込みすぎて貸せないよぉ(10代女性)
  • ペットの治療費がかかるから(30代女性)
  • 今金欠〜(10代女性)
  • 親の遺言だから(30代女性)
  • お金の貸し借りはよくサスペンスでも犯罪に繋がってるし危ないからぁ(10代女性)

アンケートではお金の無心を「断る派」が多数

では、友人・知人から「お金を貸して」と頼まれた場合、どのくらいの人が断っているのでしょうか?

アンケート結果では「断ったことがある」人は40.5%で、「断ったことはない」は27.3%でした。お金の貸し借りの経験がない人は32.2%だったので、経験がある人に限ると「断ったことがある」人は59.8%と約6割にのぼりました。

Q1:友人・知人から「お金を貸して」と頼まれて断った経験はありますか?

お金を無心されたときの「上手な断り方」BEST5、マネーゴーランド意識調査

お金が原因で縁が切れた人は12.8%

さらに「金の貸し借りが原因で縁が切れた」人は12.8%、「絶縁までではないがトラブルになった」人は7.8%と、なんらかのトラブルが起きた人は20.6%もいることが判明しました。

Q2:お金の貸し借りが原因で、親・子・友人・知人と縁が切れた経験はありますか?

お金を無心されたときの「上手な断り方」BEST5、マネーゴーランド意識調査

よく、「お金を貸すときはあげるつもりで貸せ」と言いますが、これではまだお金のトラブルは防げません。お金でトラブルを起こしたくなく、さらにどうしてもお金を都合してあげたい場合は、お金をあげてください。

そして、お金を貸したという気持ちは一切忘れてください。そのぐらいの気持ちでなければ、ずっと「あげたつもりのお金」で悩むことになります。

お金の貸し借りをすると、良い関係性にヒビが入る可能性は避けられないことなのかもしれませんね。

※上記集計は2016年6月にマネーゴーランド編集部が行ったインターネットによるアンケートの集計結果です。(対象:全国の男女、回答数2,205名)

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。