注目の米国雇用統計は一定の数値に【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

1

読了目安[ 4 分 ]

7月第3週の見通し(2016/07/11)

為替アナリストの岡安盛男です。毎週月曜日にお届けしている『初心者でもわかる今週の為替市場』。今週も宜しくお願いします。

「米国雇用統計は一定の数値」

先週末に発表された米国6月雇用統計の結果は予想以上の雇用者増となりました。しかし、ドル円は100円を瞬間割り込むなど、上値の重い展開が続いています。

先週発表された米国非農業部門雇用者数は28万人増と、予想の17万人を大きく上回りました。前月は予想を大きく下回ったことで市場ではネガティブサプライズとなりましたが、今回はポジティブサプライズとなるなど、予想は一体どうなっているのかと言いたくなりますね。

この結果を受けドル円は一時101円30銭まで買われましたが、一転して99円99銭まで下落しました。それは、前月の分が1万1千人しか上方修正されなかったためでした。直近3か月平均が14.7万人と低下したことを嫌気したものです。また、失業率が4.9%と予想の4.8%を上回ったことも売り材料となりました。しかし、平均時給は前月から2.6%上昇するなど、全般に見ると雇用市場への不安は一先ず払しょくされたと考えられる内容です。

「米景気の底堅さと欧州不安との綱引き」

前月の雇用統計結果からFRBの年内利上げ観測が後退しましたが、これで再び利上げ期待が高まる可能性が出てきたと言えそうです。ただ、英国のEU離脱問題や欧州景気減速懸念、が燻ぶる中で、年内利上げはかなり難しい状況といえます。それは、ドルの上値が重いという事にもなります。

これだけの雇用統計の好結果を受けてもドル円が下落したという事は、そのような事情があったと考えられます。マーケットはどうしても100円を割らせたかったのでしょう。ブレグジットでドル円は東京市場で99円まで下落したことで、再度そのレベルを見に行こうとするのがマーケットの習性です。

しかし、今回も100円の壁は完全に崩れませんでした。100円を割り込むと日銀による介入警戒感が高まったのでしょう。結局100円ミドルに反発して引けてきました。
今週は複数のFRB幹部メンバーの講演などがあり、ブレグジット後の国内外の景気に対してどのような発言をするか注目が集まります。

ブレグジットによる欧州や英国の景気減速懸念に対して、米国の景気期待の高まりが市場のセンチメントを変えることが出来るか、綱引きが始まります。

今週は日本の参院選挙の結果も明らかになります。もし、自民公明与党が勝利すればアベノミクスへの期待が再び高まり日経株価も上昇するとみられます。そうなればリスクオン(リスク選好)による円安が進む可能性があります。100円は近くて遠い壁になりそうですね。

【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】、来週も宜しくお願い致します。

▼30秒でわかる!7月第3週、今週の為替市場の見通し

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。