エアコン不要!節約しながら「涼しく夏を乗り切る」小さなテク

4

読了目安[ 3 分 ]

最近暑い日が続きますね。たった10分間外にいるだけでも日焼けするのではないかと思わされるくらい日差しも強く、立っているだけですぐに汗をかいてしまいます。

こんなとき室内はエアコンで涼しく!と考えがちですが、実はエアコンを使わずとも涼しく過ごす方法があります。エアコンを使用しないとなれば電気代の節約にも繋がりますよね。今回はそんな夏を涼しく乗り切る方法を紹介します。

グリーンカーテン

一時期話題になったグリーンカーテンも夏を涼しく乗り切るためには非常に有効です。グリーンカーテンとはその名の通りアサガオやゴーヤといった緑のつるをカーテンのようにして、直射日光を防ぐ方法です。

グリーンカーテンでは日光を防いでくれるだけでなく、植物から水分を出して熱を奪ってくれるため涼しい風が家の中に吹き込んできます。つるが巻き付く支柱さえあれば一軒家でもマンションでも簡単につくることができるので、ぜひ試してみてください。

風の通り道を作る

エアコンよりも節電できる扇風機を使った有効な方法があります。それは直接体に風を当てるのではなく、家全体を通して風の通り道を作るという方法。やはり空気の流れが悪いと汗も蒸発しにくいですし、体感的にもムッとした空気が体にまとわりつく感覚があります。

そこで扇風機を使うことによって家の中の空気を循環させましょう。方法としては部屋の対角となる位置の窓やドアを空けて扇風機によって空気を流し込むように扇風機を使います。これによって部屋の空気が循環され、エアコンを使わなくても涼しく過ごすことができるのです。

特に建物に熱がこもりやすいマンションにお住まいの方は昼から空気を循環させておくと「夜熱がこもって寝にくい!」といったことも解消され、おすすめですよ。

エアコンを使わずとも涼しく過ごす方法は他にもあります。エアコンを使わないことで電気代の節約になるだけでなく、夏バテ防止や健康にもつながるので、ぜひ上記のような方法を試してもらえたらと思います。

もしもエアコンを使うのであれば「夏本番前にチェック!エアコン代が沸騰しないためのチェック項目5つ」「常識がひっくり返る⁉︎ 今から“エアコン代を正しく節約する”方法」を参考にするとよいですよ。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。