エアコン不要!節約しながら「涼しく夏を乗り切る」3つのテクニック

読了目安[ 3 分 ]

最近暑い日が続きますね。

たった10分間外にいるだけでも日焼けするのではないかと思わされるくらい日差しも強く、立っているだけですぐに汗をかいてしまいます。

こんなとき室内はエアコンで涼しく!となりますが、気になるのは電気代ですよね。

今回は節約志向の方へ向けた夏にエアコンを使わずに涼しく乗り切る方法を紹介します。

※ 熱中症の恐れがありますので、無理は禁物ですよ。

1.エアコンをつけずに朝にやるといいコト3つ

朝のうちは、比較的気温が上がらないので、この時間が、エアコンの電気代節約のチャンスなんです。朝早い時間帯は、エアコンをつけなくても過ごせる場合がありますよね。

この朝の時間を利用すれば、どうにも我慢できないほど暑くなる昼以降からエアコンをつければ良いという、電気代節約生活ができるはず。

朝のうちに取り組んでおくほうが、昼間やるよりも省エネで行える、これぞという内容をご紹介します。

エアコンをつけずに洗濯と洗濯物干し

だんだんと太陽がでてくる昼前よりも、早朝に洗濯物を干したほうが暑さでやられてしまうリスクが低くなります。夏場は洗濯物を干している時に、汗がだらだらと垂れてきたりしますよね。

エアコンをつけずに洗い物

洗い物は水を使うので、手先が冷えて暑さも和らぎます。洗濯物を干したあとに行えば、外の暑さが体から引いていくでしょう。

前日の夕飯の食器や朝ごはんの食器をまとめて洗えば、夜の家事が楽になりますね。
面倒な洗い物も、この時間にしておけば涼しく気持ちよく行えます。

エアコンをつけずにお風呂掃除

お風呂掃除を水で行えば、水浴びのように涼しく掃除ができます。エアコンをつけずに、さらに掃除まで出来てしまうというお得ワザです。

掃除で汗をかいてしまったら、さっと水を浴びて汗も流せます。朝のうちにできることの一番最後に行うと、汗が流れて気持ちよく朝の作業を終えられますね。

汗をかくような家事は、朝の涼しいうちにやっつけておくのが一番です!

2.エアコンを使わずにグリーンカーテンで乗り切る

一時期話題になったグリーンカーテンは夏を涼しく乗り切るためには非常に有効です。

グリーンカーテンとはその名の通りアサガオやゴーヤといった緑のつるをカーテンのようにして、直射日光を防ぐ方法です。

グリーンカーテンでは日光を防いでくれるだけでなく、植物が水分を出し、熱を奪ってくれるため涼しい風が家の中に吹き込んできます。

つるが巻き付く支柱さえあれば一軒家でもマンションでも簡単につくることができるので、ぜひ試してみてください。

3.風の通り道を作ってエアコンの代わりに!

エアコンよりも節電できる扇風機を使った有効な方法があります。それは直接体に風を当てるのではなく、家全体を通して風の通り道を作るという方法。

やはり空気の流れが悪いと汗も蒸発しにくいですし、体感的にもムッとした空気が体にまとわりつく感覚があります。

そこで扇風機を使うことによって家の中の空気を循環させましょう。

方法としては部屋の対角となる位置の窓やドアを空けて扇風機によって空気を流し込むように扇風機を使います。これによって部屋の空気が循環され、エアコンを使わなくても涼しく過ごすことができるのです。

エアコン(冷房)節約術の関連記事

  1. エアコン不要!節約しながら「涼しく夏を乗り切る」3つのテクニック
  2. 熱帯夜でも冷房要らず!?快眠ワザと快眠グッズでエアコン代節約
  3. つけっぱなし議論の前に!遮光・断熱・掃除などエアコン電気代節約方法

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。