万が一住宅ローンが返済できない場合は?遅滞・滞納で起こること

読了目安[ 2 分 ]

住宅ローンの返済日は、毎月やってきます。

このタイミングで残高不足だと、返済に遅れが生じます。延滞発生です。

さてこれが続くと、どうなるでしょうか。 ある金融機関(金融機関Aとする)の例を、ご紹介します。

金融機関でおこること

金融機関Aは、多くがそうしているように、住宅ローンの貸出しにあたって、「指定の保証会社(保証会社Bとする)の保証を受けること」を条件にしています。

そのため、金融機関Aから住宅ローンを借りる人は、保証会社Bに連帯保証人になってもらいます。

さてここで、金融機関A からお金を借りたCさんに、延滞が発生したとします。

当初のうちは、「単なるうっかりかもしれない」ということで、大きな問題にはならないでしょう。

しかし延滞が続くと……。

金融機関Aの場合、延滞が3回になると、連帯保証人である保証会社Bに、肩代わり(代位弁済)を請求することになっています。

「Cさんが返済しないので、代わりに払ってください」と請求するのです。

保証会社でおこること

肩代わりの請求を受けた保証会社Bは、金融機関Aにお金を払います。

それから行うのは、Cさんへの請求。「自宅を売却して、その代金で返済してください」と求めるのです。

売却の方法は2通り

ひとつは、不動産会社を通す「任意売却」です。

でも、諸事情からスムーズな売却が難しければ、裁判所に「競売」を申し立てて、強制的に回収をはかります。

いずれにしてもCさんは、自宅を手放すことになってしまいます。

こういったことにならないよう、住宅ローンの返済が難しくなったら、できれば延滞をしてしまう前に、金融機関に相談するようにしてください。
返済計画の見直しがうまくいくかもしれません。

ところで、こうした事実については、一定のルールのもとに、信用情報機関に登録されることになっています。そうすると、新たにローンを組むことなどは難しくなってしまいます。詳細をご覧になりたい方は、信用情報機関のホームページを確認してください。

住宅ローンについて知る

  1. 住宅ローンの基本的な仕組みとは?事前審査と本審査の違いは?
  2. 住宅ローン金利の選び方は?全期間固定・変動金利・固定期間選択型の違い
  3. 住宅ローンの返済はどちらが得?元利均等と元金均等方式
  4. 全期間と当初期間の金利引下げはどちらが得?10年固定の注意点
  5. 手数料・保証料で損しない!3つの住宅ローン諸費用の考え方
  6. 住宅ローンの繰上返済とは?期間短縮型・返済額軽減型のお得な活用方法
  7. 団体信用生命保険とは?住宅ローン契約者が死亡したら残債はどうなる?
  8. 住宅ローンで老後破綻?将来の家計と最適な返済期間の考え方
  9. 住宅ローン返済額や期間の平均は?月収の何割が妥当?調査結果
  10. 住宅購入とローン返済の具体的な7つの失敗事例
  11. 自宅売却する方法は?注意すべき住宅ローンと売買費用の考え方
  12. 住宅ローンとどちらが得?現金一括で購入のメリットとデメリット
  13. 住宅ローンを見直したい!金利、返済期間、団信の3つをチェック
  14. マイナス金利を逃すな!住宅ローンの借り換えで300万円節約する方法
  15. 住宅ローン減税とは?手続きはいつまで?条件や必要書類は?
  16. 還付金170万円以上!住宅ローン控除の条件・手続きと計算方法
  17. 住宅ローンを選ぶとき、損をしていませんか?住宅ローン選びの3つの誤解 [PR]

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。