10円OFFになるのはどこ?「コンビニコーヒー」価格&味比較

1

読了目安[ 3 分 ]

ここ数年コンビニのコーヒーの売上が伸びています。オフィスにつく前に一杯、お昼ご飯のあとに一杯と癖になっている方も多いのではないでしょうか。今回は主要コンビニエンスストアのコーヒーを比較してみました。

ローソン

『MACHI café』というブランドで展開されており、イタリアのエスプレッソマシンを使って複数の農園の豆をブレンドしています。また、ミルクは生乳100%を使用しているためまろやかな味を楽しめます。なお、タンブラーを持っていくとドリンクメニューが10円引きになるので、「ローソン」を頻繁に利用する方はぜひとも試してみましょう。

また、以下の通常メニュー以外にも、抹茶ラテやフローズンラテ、アイスミルクティーなど、メニューが豊富なことがローソンの魅力ですね。
・カフェラテ
M:150円
L:180円
・アイスコーヒー
M:100円
L:150円 

ファミリーマート

『FAMIMA CAFÉ』というブランド名で展開されています。基本的にコーヒーとフラッペの二種類がありますが、ポイントは上品な香りが特徴のコーヒー豆を使用していることでしょう。また、フラッペは季節ごとにメニューが変わることから、連日の利用でも、飽きてきたら新しい味を楽しめる工夫がなされてますね。

・ブレンド
S:100円
M:150円
L:180円

・アイスコーヒー
S:100円
M:180円

セブンイレブン

『セブンカフェ』というブランドで展開されており、ドリップコーヒー式です。コーヒー豆を浅めに煎るものと深煎りにするものを使った、ダブル焙煎を用いています。「華やかな香り」「深いコク」「すっきりとした後味」の三つを具現化していることが特徴です。

・ホットコーヒー 
R:100円
L:150円

・アイスコーヒー 
R:100円
L:180円

ミニストップ

上品でさっぱりした味わいが特徴。「一日に何杯でも飲みたくなる味」というコンセプトに沿った味といえます。私もそうですが、確かにコーヒー好きは一日に何度もコーヒーを飲みます。さっぱりした味わいはそれを実現させてくれます。また、ブレンドとアメリカンの両方が置いてあることも魅力の一つです。

・ホットコーヒー(アメリカンコーヒー)
S:100円
R:150円

・アイスコーヒー 
S:100円
R:150円
・ソフトアイスコーヒー
230円

まず、自分の行動範囲にあるコンビニエンスストアのコーヒーを試してみましょう。好みは自分次第です。また、気分によって買うコンビニコーヒーを変えてみてもいいでしょう。価格はどこもほぼ同じですが、マイカップ持参で10円オフになるという点ではローソンがお得かもしれませんね。

※ここで掲載した価格はすべて税込価格です。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。